2018/12/31
どんなに厳しい相場でも、私が米国株投資を辞めない理由。2018年はありがとう、2019年もよろしく。