皆様、おはようございます。
インベスターHこと、ひーちゃんです。

 皆様は、少し前に騒がれた「サブプライムローン問題」を知っていますか?

サブプライローンとは「信用力が低い人や低所得者層」を対象にした米国の住宅ローンです。

shutterstock_73089730

 サブプライムローン問題とは

 アメリカでは、90年代後半から移民とベビーブームで子供が急増し、住宅需要が急に膨らみました。それに伴い、住宅価格が急騰しました。もともとアメリカでは、日本と違って借金の国です。日本人は借金を嫌いますが、アメリカは借金をしていないと一人前の人間として認められないといっても過言ではありません。開拓時代の昔から、資産も負債も両方でかい人間が尊敬されてきた国です。

 そのため、住宅儲かるとわかるとあらゆる階層の人がみんな平気で借金をし、住宅を新築したり改築しました。日本では、個人が家を建てる場合、資金は銀行から借りるのが普通で、銀行は金を貸す相手の返済能力を十分審査します。

 しかし、このころのアメリカにはローンブローカーと呼ばれるローンの仲買人がおり、彼らは返済応力のない貧困層にも住宅資金を壊れた蛇口のようにほぼ無審査でじゃぶじゃぶ貸していました。

 そしてローンブローカーは無審査で貸しまくった住宅資金の債権をまとめて銀行に売り、アメリカでは「借金の取り立て権」を他人に売ることができたのです。銀行は、貸し倒れのリスクを回避するため、サブプライムの債権を細切れにして証券化し、市場の売りに出しました。普通、貧困層相手のローンは、貸し倒れのリスクが高い分、利子が高いです。サブプライムも例外ではなく、その分証券利回りが高かったです。しかもこの証券は、万が一貸し倒れが起こっても、アメリカの住宅価格が上がり続けている限り、建てた家を差し押さえれば元を取り返せたから、リスクが少なく利回りがいい物件に見えました。
Sponsored Link

 そのため、ムディーズや、スタンダード&ブアーズといった格付け専門機関が、サブプライム・ローンの証券にいい格付けを与えてしまったのです。その格付けを世界中の金融機関がうのみにし、手持ちの余ったドルにレバレッジをかけ、我も我もとこの証券に巨額の資金を投資しました。

 しかし、貧困層の借金を証券したのは初めてのことだったので誰もリスクを正確には読めなかったのです。そして、ローンブローカーたちが読み書きもできない貧困層にまでお金を貸していたとは誰も気が付きませんでした。

 そんな中、貸し倒れが次々に起こり始めました。しかもアメリカの住宅は、供給過多で価格が下がり始め、家を差し押さえて売っても、損をするだけで利益は出なくなってしまうのです。こうした状況を察知して、2007年8月、格付け機関がサブプライム関連商品の格付けを一気に下げました。おかげでサブプライムローンの証券の価値が突然下がって紙クズ化し、この証券の大金を投資していた金融機関がピンチに陥りました。

 企業は損失を埋めるためにあらゆるところからお金を引き上げ、それがやがて暴力的なまでの売りとなり、世界同時株安を生みました。これがサブプライムローン問題です。

 7月に格付け会社がRMBSの大量格下げに踏み切ると、信用リスク懸念が一気に広がりました。8月にはドイツの中堅銀行の巨額損失が明らかになり、仏最大手銀行のBNPパリバ傘下の3つのファンドも解約凍結に追い込まれ、9月にはサブプライムショックの余波で英国の中堅銀行の資金繰りが問題視され、同国としては約140年ぶりの預金の取り付け騒ぎが起きました。米シティグループをはじめ欧米の主要金融機関は巨額のサブプライム関連の損失を計上しました。

このサブプライムローン問題は大恐慌以来といわれる世界的な経済危機を招きました。

 この事件は、一例です。投資の世界に関わる事件がいつどこで起き得るかはわかりません。そのためにも常にリスクヘッジを行い、万が一の事態に備えた投資をしていきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。m(_ _)m
宜しければぜひ、応援お願いします♪


応援お願いします(*ノωノ)☆