皆様、こんにちは。
インベスターHこと、ひーちゃんです。
 

 以前、株取引には注文方法に種類があるという話をしたと思います。今回はそれにフォーカスして話をしていきます。

 お取引レポート

 株式注文の種類

 株式注文にはいくつかの種類があります。現代で主流なのは、インターネットやモバイルなどのオンライントレードになりますが、ほかにも方法はあります。ほとんど使用することはないかもしれませんが、「そういうのもあるのか」とインプットをしておけば株式投資の際のネタになるのでぜひ知っておきましょう。


オンライントレード

 自宅や外出先などで、お持ちのPCやスマホから、インターネットで株取引をすることが出来ます。昔はPCの普及率が低く、ネット証券が少なかったため、直接証券会社に出向いて株を売買することが大半でした。そのため、一般の人が株式投資をする敷居が高いイメージが強くありました。


 しかし現代では、オンラインでの株取引が主流となっています。農夫な情報やツール、手数料の安さなどメリットが多く、利用者もオンライントレードに移行しているため、近年では対面や電話での取引が行わず、オンライントレードシステムだけを運営する「ネット専業証券(ネット証券)」が流行っています。

 店頭の窓口取引よりはるかに安い手数料と、手軽に手持ちのPCやスマホから株価や口座情報などの情報を確認することもでき、ほぼ24時間株価が確認できるという点はネットならではのメリットとなります。デメリットとして挙げるならば、銘柄選定などを自身で行う必要があるため、それなりの知識量は必要になる点になります。
Sponsored Link

電話注文

 口座を持っている証券会社に電話して、株式取引を行うことが出来ます。具体的には電話窓口の担当者に「どこの株」を「いつまでに何株買い付け」して欲しいなどと会話をしながら注文をする形になります。人を介しての注文になるため、通常のオンライントレードなどよりは手数料は割高になります。しかし、相談をしながら株銘柄の選定できる点や、注文ミスのリスクをゼロにすることにできる点をメリットとしています。

店頭注文

 証券会社に直接出向き、証券会社の担当者と相談をしながら株選定を行い、注文をすることが出来る株式取引です。債券などの売買取引の方法には、証券取引所で行われる「取引所取引」と取引所を通さないで売り手と買い手で「相対(あいたい)」で取引を行う店頭取引の2つがあります。銘柄選定から、投資に関する詳しいアドバイスを得ることが出来る点などをメリットとしていいます。またインターネットが苦手な人からしても、自身で操作をすることが求められまません。デメリットとしてはオンライントレードや、電話注文よりも非常に高額な手数料がかかる点になります。

 このように様々な株式取引方法があります。現代ではオンライントレードが主流になっていますが、時と場合、人によっては別の注文方法のほうが良いという方もいます。


 私もオンライントレードで基本的に株取引を行っております。手数料が低い点と場所を選ばず、どこででも株取引が出来るという点を魅力に感じて使用しております。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。m(_ _)m
宜しければぜひ、応援お願いします♪



↑ 応援お願いします(*ノωノ)☆