インベスターHこと、ひーちゃんです。

株式投資を行う際、いくつの銘柄を持つのが良いのでしょうか。

銘柄の数によって、株式投資の世界ではその投資スタイルの呼び名が変わります。

実際に詳しく見ていきましょう。

513-B-700x400

 分散投資

 なぜ分散をする必要があるのでしょうか。通常。1社の株のみを保有している場合、その会社に何か事件が起きて株価が大暴落した際、大打撃を食らいます。

しかし、複数の会社に分散をしておくことで、1社で予想外のトラブルに巻き込まれても致命的な打撃にはなりません。

 このようにリスク分散・軽減をするためにも1社のみでなく、複数の会社の株を買うことを「分散投資」といいます。また、その複数の株銘柄の組み合わせは「ポートフォリオ」と呼ばれます。

ポートフォリオというのは本来は2つ折りの書類ケースのことです。「分散投資」は、数週間〜数か月の中期の株取引の基本です。「投資信託」や「ファンド」といったものは、ポートフォリオ全体を商品として売っているものと同じです。


 人によるイメージとは思いますが、リスクが下がるとリターンも下がるのではないかと思いますよね。

しかし分散投資では、リスクは減り、リターンが減ることがありません。

難しい理屈は抜きにして、ノーベル経済学賞を受賞した経済学者「ハリー・マコーウィッツ」もポートフォリオに数学的裏付けを与え、「もうけを減らさずに、リスクだけを減らす組み合わせ」が可能と「ポートフォリオ選択論―効率的な分散投資法」で証明しています。

 ここでの分散投資とは、複数の銘柄を持つだけではありません。ハイテク業界の中で銘柄を複数所有持つことでも分散にはなりますが、効果的ではありません。ここで大事なのは、業界(セクター)を分けて買うことです。

「分散は富を守る。集中投資は富を築く。」

Sponsored Link

 集中投資

 集中投資とは1つの銘柄に絞って投資をすることです。

集中投資は銘柄を絞ることで利益の効率性に着目した投資法になります。分散投資ではセクターを分け、複数の銘柄を保有します。

集中投資ではセクターを分けることなく、また、複数の銘柄を持ちません。そうすることで一つの銘柄のみをウォッチし、株価が上がれば投資額分、直接リターンに繋がります。

つまり、資金配分が大きい分、利益が出たときのパーセンテージを最大限大きくすることができるというメリットがあるということです。

 分散投資をするにしても集中投資をするにしても自身に負担がないような投資方法をオススメします。ぜひより良い投資ライフを送っていきましょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link