皆様、おはようございます。
インベスターHこと、ひーちゃんです。

 移動平均線という言葉を聞いたことがありますか?株価のチャートでは、「ローソク足」以外にもう1つ必ず表記されている線があります。「移動平均線」です。

 content_ea77479ccb

 移動平均線とは

 一定期間を平均株価で結んだ線のことで、毎日の株価の上下動をならして、より滑らかにした線といえます。一定期間というのは5日間や25日間など様々な期間を用いります。5日平均線はその日を含めた過去5日間の株価の平均をつないだ線で、25日平均線ならその日を含めた過去25日間の株価の平均をつないだ線ということになります。平均する期間の長いものほど線はなだらかになります。

 例えばある会社の株価について5日平均線と25日平均線の2つを描いてみたとしましょう。もちろん25日平均線のほうが5日平均線よりもなだらかになります。この長期線や短期線を指標としてトレンドを見ることに使用する場合があります。

ゴールデンクロス
 長期線のなだらかな上昇カーブを、短期線の急な上昇カーブがしたから上に突き抜けることを「ゴールデンクロス」と呼びます。上昇トレンド入りするサインとさせています。

デッドクロス
 ゴールデンクロスとは逆に、長期線のなだらかな下降カーブを、短期線の急な下降カーブが上から下へ突き抜けることを「デッドクロス」といいます。下降トレンド入りするサインとされています。

パーフェクトオーダー
 これは様々な種類の移動平均線のすべてが同じ方向へ傾き一致した状態のことを示します。これは現在のトレンドの状態が強いことを表します。この状態に入った場合はうまく流れに乗る策を講じたほうが履行と思われます。
Sponsored Link

オーバーシュート
 価格が大きく移動平均線から離れている場合に離れている分を割合で示すものです。大きく離れている分だけ割合は大きくなり、パーセントテージが大きい分、元の水準に戻ろうとする大きな圧力が働くとされています。

chartIMGL6594_TP_V

 全体として上昇トレンドにある時一時的に株価が下がることを「押し目」といいます。上昇トレンドにある株は大概「株価が急に上がりすぎているな。今後さらに上がるのはわかっているが、調整が来るはずだ。その調整時に少し下がったら買おう。」と思っています。そして、少しでも株価が下がると、すぐに買付注文があるマリ、株価は上がる傾向になります。このような買い付けを「押し目買い」と呼びます。

 ゴールデンクロスが起こった株は一時的に下がったとしても、この「押し目買い」をする投資家によってすぐに株価が反発して上がることが多いとされています。そしてもこの押し目買いをするタイミングの目安として移動平均線が用いられています。

 また、ゴールデンクロスが起こった後は、5日平均線が株価下降の限界となり抵抗線と呼ばれることがあります。その際投資家たちは「5日平均線が抵抗線になっている」などと言います。「抵抗線」とは価格がその位置へ上昇したときに反対方向に反発するラインとして使用される投資用語です。反対語として、「支持線」と呼ばれるものがあり、価格がその位置へ下落したときに反対方向へ反発するラインとして使用されます。

 移動平均線の活用

 ゴールデンクロスとデッドクロスをうまく投資に活用することを考えると、ゴールデンクロスが起こった株は最初にちょっと株価下がったときに買うのが一番利口です。そして、デッドクロスが起こった株は深く考えず、すぐに売ることを検討すべき と言えます。

 自身のチャート分析で移動平均線を使用する場合には3本の移動平均線を使用することをお勧めします。期間に関しては一般的な、25, 75, 200日移動平均線を使用することがベストかと思います。特別なこだわりがない限りに一般的に使用している基準と合わせることで、他投資家たちに遅れを取ることなく分析で得た情報を活用できるかと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。m(_ _)m
宜しければぜひ、応援お願いします♪


応援お願いします(*ノωノ)☆