インベスターHこと、ひーちゃん(@us_investor_h)です。 


働きやすい職場とはとはどんな環境ですか。綺麗な机に、最新式のセキュリティシステムが実装されているところでしょうか?


アメリカのオフィスではビールの入った冷蔵庫、アーケードゲームに卓球台は当たり前となっており、イケているオフィスで働くことが1のステータスにさえなっています。

現代では、都会の企業の屋上に公園や庭を造るのが人気で、皆が憧れる企業の1つの要素となっているのです。イケているオフィスは実は優秀な人材が集まりやすくなるだけでなく、働いている人の仕事の質も高めています。

iketeiru

  オフィスも1つのステータス

 アメリカの研究によると自然とのふれあいがストレスや倦怠感を低減させ、気持ちの落ち込みや不安を和らげる効果があるとされています。

オフィスに自然が含まれているだけで、気持ちが落ち着き質の高い仕事ができるということです。

現代では、Google やApple 等の最大手企業がイケているオフィスも武器にして優秀な人材を集めることに成功しています。イケているオフィスで働いていることが1つのステータスになっていると言っても過言ではありません。

私の職場もIT 企業の為、休憩スペースにはソファが設置されており、タッチパネル式のディスプレイが設置されていたり一面開放的になっていたり、それなりイケている感じになっています。

Sponsored Link

  イケているオフィスのメリット

 アメリカのオフィスではビールの入った冷蔵庫や卓球台は当たり前で、給料や福利厚生に続き就職するための要素の1つになっています。

そもそもアメリカでは人材の流動性が高く、オフィスが気に入らないといった理由で転職する人も珍しくありません。そのため、オフィスを工夫して少しでも長く働いてもらう対策をしています。
 
日本のオフィスでもこだわっているオフィスが増えてきました。日本はリラックスできる空間を作ることに長けており、和の調和によって働き手はいい仕事ができるでしょう。

drivemode_office3-1

 しかし、それでもオフィスのレベルは世界と比べると遅れています。経営スタイルの違いもありますが、オフィスが気に入らないという理由で転職する人はまずいないでしょう。

長く勤めることが正義とされる日本ではどのような環境でも転職はしません。

それどころか転職の回数が多くなると評価が下がるため、無理をしてでも長く合わない職場環境に身を置く人が多くいます。こう言った理由で仕事の質もさがり、世界に後れを取っているのです。情報が手に入りやすくなった現在では海外の影響を受けて少しずつ変わっていくのではないでしょうか。

  ストレスを和らげる

 ストレスによって判断力や記憶力が低下することは研究で分かっています。実体験でもそう感じませんか?ストレスや緊張感があると明らかに物覚えが悪く、判断が鈍いとおもいます。

ストレスが多い職場では頭が回るはずがなく、緊張状態も続くため非常に疲れます。仮に休日にストレスから少し解放されても長い期間溜まった疲れが簡単に癒されるわけもありません。
 
株式投資を行う上で冷静な判断は重要になってきます。どんなに景気がよくても判断を誤れば意味がありません。大事な判断力はストレスによって低下してしまい、誤った決断をする可能性を引き上げています。

mig

 人間は追い込まれると冷静な判断をすることができません。先日の暴落時も冷静でいられた人はほとんどいないのではないでしょうか。

こうした暴落時に必要になってくるのが「自分ルール」です。機械的な取引をすることで、冷静な判断ができないときでも大きな失敗を避けることができます。ぜひ活用してみてください。
 
サラリーマンは日々ストレスにさらされていますが、オフィスくらいはこだわりを持って自身が働きやすい環境を選ぶのがいいでしょう。リラックスした空間で働くのが良いでしょう。イケているオフィスが当たり前になり、仕事のストレスが緩和される時代まですぐです。少しでも和らぐといいですね。

そして、運動や睡眠、好きなことをしてストレスをためないようにし、冷静な判断をして、成功の道を歩みましょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆

▼▼▼ イケているオフィスを探す▼▼▼
 「リクナビNEXT 」に登録

<リクナビNEXT に登録するメリット>
・日本最大級 840万人超の会員数
・若手からベテランまでバランスの良いか会員比率
・企業からの積極アプローチで採用率アップ
・様々なオフィスを持つ企業が登録

Sponsored Link