インベスターHこと、ひーちゃん(@us_investor_h)です。

皆様はつみたてNISA をご存知ですか?NISA という言葉には馴染みがある方が多いと思いますが、2018年1月から始まったつみたてNISA にはまだ馴染みが無い人もいるかもしれません。

今までのNISA と同様に毎年の非課税投資枠から得た利益・配当にかかる税金を0%にすることが出来るだけでなく、投資期間が最長20年であることが最大の特徴です。

他にも通常のNISA とは違う「つみたてNISA」だけの特徴が沢山あります。では早速長期投資に特化した小額投資非課税制度の詳細について見ていきましょう。

tumitatenisa

  NISA とは

 まず「NISA」とは、ISA(Individual Savings Account:個人貯蓄口座)の先頭に日本(NIPPON)の” N ”を加えた日本版のISA になります。NISA=Nippon Individual Savings Account ということですね。

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資を行って得られる配当や売却して得られる利益に対しては「20.315%」の税金がかかります。

しかし、NISA を利用した場合、その税金を支払わなくて良いという個人投資家にとっては願ったり叶ったりの制度です。20%というのは株式投資をしている投資家ならわかると思いますが、非常に大きい割合です。その20%を0%に出来るというのは夢のような話です。

img_nisa_07_pc

 そんなNISA 口座を利用することによって簡単に節税をすることが出来るわけですが、NISA には種類やルールが存在します。もちろん難しいルールはありませんのでご安心ください。

20歳以上であることや、一人につき1口座、確定申告が必要ない等の共有のルールもありますが、NISA の種類によって違いもありますので今回は「つみたてNISA」について見ていきたいと思います。

また、NISA で最も注意したいのが「いつでも払出し・売却が可能だが、払出し・売却をした分に対応する非課税投資枠は再利用できない」という点になります。これはどのNISA でも同じですので忘れないようにしましょう。

逆に考えると、長期保有する予定の銘柄買い付けに適しています。長期投資家にとって一番心強いパートナーであると言えますね。


Sponsored Link


  つみたてNISA とは

 つみたてNISA とは小額投資非課税制度の一種で、NISA の中でも特に小額からの長期・積立・分散投資を支援できます。

つみたてNISA ではまとまったお金がなくても、定期的に一定金額を積み立てながら無理なく証券投資をすることができるため、学生の方や働きだした若い人なんかにも向いているNISA だと言えます。

つみたてNISA は、通常のNISA と比べると5年 ⇒ 20年という長期間投資になることと、最大投資金額が「800万円」と通常のNISA より200万多いことが特徴となります。

i_nisa03_j

 特徴的なメリットだけを見ると「じゃぁつみたてNISA の方が良いじゃん!」と思いますが、デメリットも存在します。「投資対象が限定されている」、「損益通算と繰越控除ができない」という点です。

投資対象と言うのは公募投資信託と上場株式投資信託(ETF)の2つに分かれています。詳細については下記で触れていきますので、まずは投資対象が限定されていることを認識できれば問題ありません。

私自身は短期・中期で利確や損切を行うスタイルのため、つみたてNISA ではなく通常のNISA を利用していますがバイ&ホールドの投資戦略をベースにしている投資家の皆様には向いている制度と言えます。

  つみたてNISA の詳細

 ではさらに、つみたてNISA の詳細について見ていきましょう。まず先ほど登場した「公募投資信託」と「上場株式投資信託(ETF)」について見ていきましょう。

[ 対象商品 ]

公募投資信託
 投資信託のことを指します。株式投資信託には、株式の組入比率を一定限度に抑えたものから限度を設けないものまで、また地域を限定したものや産業を特定したもの、各種株価指数に連動するもの等様々な種類が存在します。

上場株式投資信託(ETF)
 一般的に、ある指標に連動する運用を行う、証券取引所に上場する投資信託のことを指します。

つみたてNISA では金融庁が選定した「長期・積立・分散」に特化した商品を選ぶ必要があります。これは投資商品が絞られているからレパートリーが無いと思うか、選ぶ面倒が減って楽だと感じるかは投資か次第だと思います。

では、続いてつみたてNISA のルールについて見ていきましょう。

[ つみたてNISA のルール ]

対象者

 NISAは口座を開設する年の1月1日において20歳以上の移住者が対象となっております。つみたてNISAと一般NISAは併用することができないため、どちらか一方を選択して利用という形になります。

非課税対象
 一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益が対象となります。

有効期間と非課税期間
 投資可能期間はNISAより長く、2018年?2037年の「最長20年」です。この期間内である限り非課税となります。

投資金額
 新規投資額で上限が毎年40万円となりますので、最大で「800万円(40万円×20年間)」になります。

NISA 口座数
 1人につき、1つになります。

確定申告
 非課税のため確定申告も不要になります。

投資対象
 金融庁が選定した「長期・積立・分散投資」に適した上記の対象に限定されています。

 上記に定められている通り、投資対象が金融庁の定めた投資信託やETF に限定されている ところがデメリットとして挙げられるかもしれませんが、それは人によって相性がありますのでぜひ一度ラインナップを確認してみましょう。


また、「損益通算」ができない点をどうとらえるかを考える必要があると思います。通常、複数の証券口座を使用して投資している場合、それぞれの証券口座の1年の利益と損失を合算して、税負担を軽減することができます。

しかし、つみたてNISA では損益通算ができないため、つみたてNISA 口座でマイナスになった場合、ほかの証券口座でプラスになった分のみが課税対象となります。

 さらに繰越控除もできません。通常、損益通算をしてもマイナスだった場合、3年間その損失を繰り越すことができ、翌年以降の利益と相殺すること(繰越控除)で税負担を軽減することができるのですが、つみたてNISA ではできません。

これらのデリットとして挙げられるポイントも抑えた上で、つみたてNISA を利用してみましょう!私がオススメしている証券会社はSBI 証券一択です。SBI 証券のつみたてNISA なら買付手数料無料で全ファンド購入することができます。是非ご活用ください。


▼つみたてNISA を始めるならSBI証券▼
 無料の新規口座開設は こちら から



↑ ぜひ宜しければ米株村での応援をお願いします☆
Sponsored Link