米株村ジャーナル編集長のインベスターHこと、ひーちゃん(@us_investor_h)です。

Part 1 の続きです。前回ではチョコ(@chocochoco0202)さんとぶちこみ太郎(@jvVVYz2lTNRsP96)さんが投稿している「桃鉄から資本主義社会を学ぼう」という記事について見ていきました。

両者の記事は同じ趣旨であること以外にはあまり相似点 は見られませんでした。

ゲーム中に登場するキャラクター夜叉姫さんが可愛いというのは両者が同じ気持ちかもしれませんが、それだけでは両者が同一人物であると判断はできませんでした。では続きの調査報告をしていきます。

choco=buchikopart2

  本格的な検証スタート

 桃鉄の記事では文章で似ているポイントは「伝えたいこと」だけであり、その他文章からは同じ人が書いたようなものではありませんでした。

桃鉄の記事に限ったことではなく他の記事についても文章には相似点は見られませんでした。チョコさんを意識した記事はいくつか見られましたが、基本的にぶちこみ太郎さんは米株村のブロガーさん達のファンであることを考えると記事に似たものが混じるのは必然です。

私も米株村の好きなブロガーさんの記事を読んでブログのネタを思いつくことはたくさんあります。そしてぶちこみ太郎さんもそれは一緒です。

ed0492d85e3d4b2d17820e88d826fade_m

 そのことを考えるとやはり細かく文章での癖や無意識に人間性・個性が出てしまう部分を見ていく方が良い検証になるでしょう。

では前回の記事で定めた検証方法について順にみていきます。

まず、取り上げる話題については2人とも米国株カテゴリに属している分米国に対しての関心が高いのは投稿記事からもわかります。

ブログを始めた当初は2人とも米国株に関連する記事の投稿が多く見られますが、途中から両者は別の路線変更していることがわかりました。

Sponsored Link


  比較して見えてきた違い

 チョコさんは日本サラリーマンの関心が集まる記事を中心に記事投稿をしています。金融リテラシーが低い人向けのマネー論が多いとも言えるかもしれません。

対してぶちこみ太郎さんは、ママさんでもあるため家族にとって大切なものは何かという人間味のある話題や、「マルクス、過激派、内ゲバ、日本共産党、公安、テロ、新興宗教…。」







あれ、何だろ。なんでこうなったんだろ… まぁ話は戻ります。というように自身の経歴から得意分野を確立し、投稿をしています。私が生活している限り自分から興味を持って調べない限り知ることの内容が多く含まれていると思います。

ここからわかることはチョコさんがどんなに優れている人だとしてもここまで一人の人物を作り上げるのは難しいのではないかと思いました。

NoName_201934_21011_00

 続いて、文章や記事構成などについて見ていきます。チョコさんの文章については非常に読みやすいですね。完全に男性型の文章で、起承転結のルールが守られています。サラリーマンのメール文章と言うのでしょうか。

物事を端的にまとめ上げ、自身の意見を最後に添えるスタイルです。対してぶちこみ太郎さんはチョコさんとかなりスタイルが違います

読者の皆様に語り掛けるスタイルです。そのため「?」を多用して質問を投げかけてからそのフラグを回収するというような記事が多く見られました。こうしてみると似ているようで結構違うものです。

  共通点もある

 違いが目立ってきていますが、続けます。次はブログ構成やソースコードを見ていきます。

両者のブログ環境は私も使用しているLivedoor Blog です。選択しているテンプレートは少し違うようですが、ソースコードを見てみると性格の違いにも気が付くことが出来ました。

チョコさんはIT 企業社員であることが関係しているのときちんとGoogle AdSense の埋め込みに対するコメントが書かれています。また広告のタイプまできれいに書かれています。

20160328043905

 エンジニアとしてコメントを残すというのはかなり初歩中の初歩で学ぶことであるのが関係しているかはわかりませんが、ぶちこみ太郎さんのソースコードにはコメントが綺麗に記述されていませんでした。

ここからわかるのはチョコさんが結構細かい部分まで気を配っているため、仮に同一人物であった場合さすがに記述方法は変えるにしてもコメントは残すと思います。

こういった部分からもチョコさんとぶちこみ太郎さんが同一人物である可能性が減ってきたように感じられます。

To be continued.(2部の予定が書いてたら長くなっちゃいましたw)


↑ ぜひ宜しければ米株村での応援をお願いします☆
Sponsored Link