米株村ジャーナル編集長のインベスターHこと、ひーちゃん(@us_investor_h)です。

読者の皆様、待望のGE 坊や(@gegafaboy)さん復活が見込めるかもしれません。2019年2月22日、新たな絵とブログの投稿をしている姿が目撃されています。

GE 坊やさんは神出鬼没で、ブログやTwitter 等もふらっと現れては消えるを繰り返すぬらりひょんのようです。

今回の復活の兆しは、保有銘柄の一つであるクラフト・ハインツ(KHC)が関係している模様。いったい今、GE 坊やさんの身に何が起こっているのでしょう。

gebouyanohukkatu

  「GE 坊や」という人物

 GE 坊やさんは2011年に米国株投資を開始しています。「K氏と一緒に株で稼ぐ大阪ソニックトレード団」出身で「死神銘柄GE」を保有し、バイ&フォーゲットを実践していました。

始めに「GE 太郎」という名前で、2017年10月下旬頃に米株村デビューします。デビューしてわずか1ヵ月でGE 坊やさんは、当時の絶対王者のバフェット太郎さんを抜き堂々の1位に。

しかし、GE 坊やさんは「ランキング1位になってみても、GE太郎がBIG5を保有しているという事実は変わらない。含み益になったわけじゃないんだ。昨日は少し戻したようだが、燃え盛るクソの山に水鉄砲をかけたぐらいのことにすぎない。」と語っています。

031a23d33455fe2a3471db6bba73bae7-750x423
 GE 坊やさんは当時から広告を張っていないため、アクセスが増えて収益になりません。どんなに想像力を働かせ最高のエンターテインメントを作り上げても、GE 坊やさんには1セントも入らないのです。

それでもGE 坊やさんは読者の皆様を喜ばせることを目的にブログを続けます。たまに姿を消すことありましたが、最後には必ずまた私達の前に姿を現して最高のエンターテインメントを繰り広げてくれるのです。

そんなGE 坊やさんの姿を見て、神が手を差し伸べたのか、巷ではGE がマイナス材料出尽くしで底値が見えてくると噂され始めます。ファンの支えもありながら、ブログの更新を続けるGE 坊やさん。心にもゆとりができ始める。

しかし、幸せな時は長くは続きません。彼に手を差し伸べた神は、同じ神でも「死神」だった。遂にGE への集中砲火キャンペーンがやってきます。

Sponsored Link

  不運に愛された漢

 「株価を確認した瞬間、鈍器で後頭部を強く殴られたような衝撃を受けた。」

2018年5月24日、「心がしんどすぎるので、ブログを休止します」というタイトルの記事の冒頭には、GE 坊やさんの心情が痛いほど伝わってくる暴力的な一文が書かれていた。

そして、漢は口を開いた。





クソが、クソがよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!





猛々しい雄叫びの後、保有するGE の1年間のリターンはマイナス49.13%、GE の全ての暴落を経験した漢は続けて口を開く。

「株式投資という概念を脳内から消去し、あったかいミロを飲んで、毎日を大切に生きていこうと思う。」

その言葉を最後にブログは休止になると思われた。

2015y11m30d_130927576
 
 しかしそれから10日後、「ジョンの証言によれば、いまから16年後の2034年、GEは確かにそこにある。そうであるならば、私がすべきことは、その時までGEを保有し続けるという、ただそれだけであって、短期的に株価が半減しようがどうなろうが関係ない。」

という内容の記事を投稿。彼は私達、そしてGE のことを忘れていなかったのだ。「なぜ、GE を損切りしないのか」、「なぜ、そんなに自分を苦しめるのか」等と彼に聞く人はいない。

なぜかって?彼がGE と共に生きることを決意したのだ。それに理由なんていらない。愛と一緒さ。

To be continued.

  KHCの暴落とGE 坊や

 GE 坊やさんはクラフト・ハインツ(KHC)を保有しています。それはGE が最古のダウ平均構成銘柄という栄光を剥奪され暴落中の話。

GE 坊やさんが「ブログを始めて以来、いや、ゼネラルエレクトリック(GE)に投資して以来、そういうものを心から楽しめなくなっていたような気がする。いまは、失われた時間を取り戻すような感覚がある。」と語った3日後の2018年6月30日にクラフト・ハインツ(KHC)を新規投資しています。

GE 坊やさんはロイヤルダッチシェル(RDSB)からの配当が入金されるのに合わせ、再投資を行ったのです。「成長性ゼロ、バフェット銘柄」「ミレニアル世代の嗜好の変化や加工食品離れで、ますますクソ化することが予想される、ネクスト・スーパードッグ候補である。」と冗談交じりに語っていたそのことが事実の悲劇になるとは思いもしませんでした。

17040601
 なんと買い付けてから半年も経たずに本当にクソ化が始まったのだ。配当利回りは5%を超えました。そして、そのKHC が最悪の決算結果と不正会計疑惑のダブルパンチによって1日で”-27.46%”という信じられない暴落を見せました。

その暴落に合わせ、姿を晦ませていたGE 坊やさんが復活しています。

 暴落と共に現れる漢、それが「GE 坊やさん」なのです。ブログでは最新版の「GE坊やのポートフォリオ」が投稿され、Twitterでは以前「GE 坊やが残した謎の絵画に隠された秘密」シリーズでも登場した絵画が投稿されました。

絵画についてはブログにそのまま画像を張り付けるのに抵抗があったため、Twitter の埋め込みにしました。

それにしても、GE 坊やさんが今後どのように活動を続けるにしても目が離せませんね。
心中お察しいたしますm(_ _)m


↑ ぜひ宜しければ米株村での応援をお願いします☆
Sponsored Link