米株村ジャーナル編集長のインベスターHこと、ひーちゃん(@us_investor_h)です。

読者の皆様は「GE 坊や(@gegafaboy)」という人物をご存知でしょうか。

2017年11月頃にGE 坊やさんは「GE 太郎」という名で米株村ランキングに参加し、わずか1か月余りで1位の座を手にしています。彼の活躍を知っている者も多いでしょう。

そんな彼が先日、Twitter にて姿を現し「複数の絵画」を投稿した後に、再度姿を消しています。彼が残した絵画には、何か秘密があるのだろうか。米株村ジャーナルが長期間の調査を覚悟して真実に迫る。

nazonokaigaPart1

  「GE 坊や」が残した複数の絵画

 GE 坊やさんは元々、GE 太郎という名前で2017年10月下旬頃に米株村デビューしています。

一度彼のブログを読んだ者は、彼の心情が痛いほど伝わってくる心の叫びと、ノンフィクションのエンターテインメントに感動しファンとなってきた。

彼のブログに触発されてブログを始めた方も相次ぎ、その影響力は一時期「米株村の王者であるバフェット太郎(@buffett_taro)さん」を上回るほどのものでした。

彼は米株村デビュー後わずか1ヵ月という短い期間で、当時最強の王者として君臨していたバフェット太郎さんの王座を奪っています。

しかし、その後すぐに姿を晦まし、神出鬼没にGE 総督や今のGE 坊やとして姿が確認されています。なぜ姿を晦ましたのか。彼の本当の姿、彼の本当の心の内を理解している人はいないのかもしれません。

NoName_2019211_5263_00
 そんな不運に愛され、ファンに愛され、そして世界に愛されたGE 坊やさんが先日Twitter にて「不思議な絵画」を残していきました。

絵画は一枚ずつ投稿され、合計5枚の絵画が揃うとGE 坊やさんの姿はもうTwitter から確認することが出来なくなっていました。

現在はブログも削除されており、現在GE 坊やさんの動向をリサーチするには情報が足りない状況となりました。しかし、米株村ジャーナルは長期間の覚悟しています。

この謎を解明するまで米株村ジャーナルは諦めるわけにはいきません。

Sponsored Link


  謎の絵画の正体

 残された絵画を見た米株村の住人達は「奇妙だ」、「ヤベー」等と口を揃えて言うだけだが、米株村ジャーナルの編集長として感想を述べるだけというわけにいかない。

この絵画の意図を理解しないわけにはいかないのだ。

この絵画が何を意味するのか、どんな意図があってこの絵画はGE 坊やさんによって描かれたのかを、読者の皆様に伝える義務が私にはあるのです。私は調査を始めた。

私は洗い終わった洗濯物を干すのを忘れ、

食事をするのを忘れ、

時間が過ぎるのを忘れ、

呼吸することを忘れるくらい複数の「謎の絵画」と睨めっこを続けた。








nazonokaiga
どれだけの時間が経ったのだろう。貴重な休日が消えていく感覚はあまり心地良いものではない。

しかし、ジャーナリストとして真実を知りたい。伝えたい。

私は「謎の絵画」と睨めっこを続けた。







!?!?!?!?

気にならなかったことが、気になるようになり、それは確信に変わった。


「この絵画は複数の絵画ではない。」

複数の絵画と思っていたが、元々は「1つの絵画」だったのではないか!?

早速、この冬何度も暖かいミロをかき混ぜた震える右手でPCのマウスを掴み、不器用ながらも一つ一つの絵画を繋ぎ合わせてみた。

beikabumura

こ、これは。。。粉末緑茶事件!?!?

ぶちこみ太郎(@jvVVYz2lTNRsP96)さんの手にあった緑色の水筒から、何か関連するものではないかという推察はしていました。

しかし、まさか….

いえ、間違いありません。これは米株村ジャーナルVol.3にて終戦宣告をした「粉末緑茶戦争」の絵画だったのです。

To be continued.


↑ ぜひ宜しければ米株村での応援をお願いします☆

Sponsored Link