インベスターHこと、ひーちゃんです。

先日LINE はVISA と連携して新たなクレジットカード「LINE Pay VISA クレジットカード」(仮)を2019年内に発行すると発表しました。

日本でもやっとキャッシュレス化に向け、様々な取り組みが行われるようになりました。

今回はLINE クレジットカードの特徴・メリットと注意点を見ていきながら、どのような狙いがあってこのタイミングで発表したのかを考えていきましょう。

ajsd;fja

  LINE のクレジットカード

 では早速LINE のクレジットカードの特徴と、そのメリットについて見ていきましょう。

[ LINE Pay Visa クレジットカードの特徴 ]

・初年度のポイント還元率が3%と高還元

・支払いと同時に決済通知を受け取れる

・LINE Pay コード支払いの支払先として登録できる

・Visa のタッチ決済機能が使える

通常のクレジットカードであれば普通で0.5%、高くても1%の還元率が、初年度のみですが3%とかなり高いです。

また支払いと同時に通知が来るため、お金を支払った感覚が残り安心感が得られます。
 
今まではLINE Pay コード支払いはLINE Pay 残高からの決済でしたが、今回新たに出るLINE Pay Visaクレジットカードのみ登録可能で、決済できます。

さらに、Visaのタッチ決済機能も使えるため汎用性についてはかなり高そうです。
 
Sponsored Link

  注意点と利用シーン

 LINE Pay Visa クレジットカードの還元率ですが他のクレジットカードと比べ、圧倒的に高いですがそれは「初年度」のみです。

また、カードが発行開始されてから1年間なのか、利用者が取得してから1年間なのかはわからない点と、マイカラーと組み合わせ出来るかが現時点ではわからないため、まだ完全にオススメのクレジットカードであるとは言い切れません。

しかし、それでも高い還元率を誇ることは間違いないため、利用を検討してみるのは良さそうです。
  liena;dsj
 1人暮らしの1カ月の支出の全国平均は約14万円で、年間にすると168万円です。

仮にすべてこのLINE Pay Visa クレジットカードで決済したとすると、1年間で約5万円分のポイントを貯めることが出来ます。

今後、キャッシュレス化が進むことは目に見えていて、10月に迫る消費増税に備えての政策では2020年東京オリンピックまでの9カ月だけですが、クレジットカードで支払えば5%が還元されます。
  LINEPayVISA
少ない期間かもしれませんが、今後もキャッシュレス化の推進のため何かしらのキャンペーンがあるのではないでしょうか。

少しずつかもしれませんが塵も積もれば山となります。こうしたキャンペーンは積極的に利用していき、お得な生活をしてお金を増やしていきましょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link