インベスターHこと、ひーちゃんです。

本日は私に向けての記事でもあります。会社のために時間を使うのはやめよう。お金が欲しいのであれば、副業をすればいいです。副業が禁止されている?

そうですね、現代でも多くの企業が副業を禁止しており、副業していることを話すと軽蔑された目で見られるでしょう。

しかし、その目で見られたところで何か人生に影響することはあるのでしょうか。よく考えてみましょう。


genndainodorei

  従業員のことは二の次だ

 企業というのは利益を追求する必要があるため、従業員のことを第一優先に考えることはできません。

また、利益以上に考えなくてはならないのが株主様のことです。私達投資家のことですね。

となると、会社で働いている従業員の優先度というのは低くなります。ちょっとがっかりですよね。世の中には会社のために月に何百時間も残業して、企業に尽くす人もいるというのに。

uk1
 ですが、従業員が自身のみを大事にしようとすると「本職にかける思いが足りない、そんな時間があるなら働け、勉強しろ」と言われるのです。

もちろんそれで給料が上がるならみんな一生懸命働くわけですが、上がらないんですね。「素晴らしい」と評価されても賞与に数パーセント程度の、まさに雀の涙ほどの色しかつかないのです。

では良く考えてください。なぜ、そんな会社に尽くさなくてはならないのでしょうか。

Sponsored Link

  何のために働いている?

 皆様は何のために働いていますか?今この記事を読んでいる方々、せっかくの機会です。良ーく考えてみてください。

  ・

  ・

  ・

「サラリーマンで出世したいから?」

「その会社が好きだから?」

「会社を通して自己実現するため?」

「お金を稼ぐため?」

  ・

  ・

  ・

人それぞれの理由があると思います。ちなみに私の考えは常に「お金を稼ぐため」です。

それ以外は何もありません。もちろん休日があることや有休が使えることなどの福利厚生や、業務内容に命の危険がないことなどは求めていますが、それは環境選択をするための材料です。

目的は会社に勤めて、お金を稼ぐためでありそれ以外の理由はありません。その会社で給料が上がるならば、副業をする必要はありませんが、こんな世の中です。


505086384

 資産を築き守るためには、株式投資を行ったり外貨を組み合せたり、リスクヘッジをする必要があります。そして、お金を稼ぐ手段もリスクヘッジの意味を込めて複数になってくるのは必然でしょう。

自分自身が今どれだけ会社に尽くして頑張って、あなたにしかできないようなことをしたとしても、あなたが辞めて数か月経てば全て忘れられます。

たまに「この会社には俺が必要だ」という人がいます。自分にしかその仕事ができなく、自分が抜けた穴は埋められないと。残念ながら、そんな人は世の中の0.001%程度の人間です。


no title

 私を含めたほとんどの人が今日から会社に行かなくなっても、会社は最初の数日間はあなたの仕事の引継ぎができてないために困るかもしれませんが、1ヵ月もたてば代わりが平気で出来ます。私達の替えはいくらでもいるのです。

非常に残念なことかもしれませんが、これは事実です。人気者でも、仕事がめちゃ出来る人でも70億人の中では惨めなもんです。替えの人はいくらでもいるのです。

今一度自身がなんのために働いているか、人生は誰にためにあり、何をしたいか考えてみてください。


↑ ぜひ宜しければ米株村での応援をお願いします☆
Sponsored Link


自分のための人生: 一日一日「自分を大事にして生きる」生活術
「充実人生」…は他者から与えられるものではない。自分が今、何を選び、何をするかですべてが決まる。一日一日「自分を大事にして生きる」生活術。