インベスターHこと、ひーちゃんです。

皆様、挨拶が遅くなりましたが明けましておめでとうございます。いかがお過ごしでしょうか。

年が明け少し不安の残る2019年が始まりましたが、引き続き2019年も米国株投資を行っていきます。

去年の振り返りと、今年を通して行っていきたいことや目標について今日は考えていきます。ぜひ私の抱負などを参考に皆様も自身のことについて考えていきましょう。

2018nenn2019nenn

  2018年を振り返る

 2018年は2月や10月12月以降の暴落相場によって多くの投資家が辛い思いをしたことでしょう。しかし、それでも多くの投資家が相場に残るのは株式投資が儲けることのできる市場と言うことがわかっているからです。

利上げショックや、ハイテクショックなどによって今まで米国株式を数年リードしてきたハイテク銘柄が大きく下落する結果となりました。

私もハイテク銘柄、グロース銘柄を多く保有していたためダメージは少なくありません。

img_11bd8c86a66f68dfd04ec33b90869f1f79833
 今までいただいた配当分や利確したなどを合算することで、損失は比較的抑えることができたと思っていたりもします。

それが株式投資の良いところでもあり、安心感を持てるところでもあります。

株式市場は前回の記事でも記載した通り「ギャンブル」とは全く異なる性質を持っています。ギャンブルは基本的に儲けを追求する企業に対し“ 利益を確保 ” した上で残りの資金をある程度ランダムに振り分けているだけです。

しかし、株式投資では全員が勝者になれると言う道があります。

そのため、このような市場でもめげずに株式投資を続けることが勝者になれる可能性を上げるのです。ぜひ最高の人生を歩むためにも米国株投資を一緒続けていきましょう。

Sponsored Link

  2019年の抱負

 2019年も引き続きハイテク銘柄、グロース銘柄に株式投資を行ってきます。

私の最終的な目標は、前回の記事でも話した通り「VIP」になることです。それがどんなに難しいかは理解していますが、人目を気にせず自分の目標に向かって、どんなに大変でも続けてやり抜り抜き、常に改善を考える続けて頑張っていきたいと思います。

そんな2019年での抱負は去年の損失分を取り戻すことにあります。私自身が含み損となっている銘柄の入れ替えや、柔軟に取引を行っていこうと思っています。

a524-660x350

 2018年では、一度購入した銘柄に対し損切ポイントが少し遅かったと思いました。

2019年ではテクニカル分析にも力を入れ、投資家心理を考慮した取引に努めていきます。つまり、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の両刀使いを目指します。

1年でどこまで知識レベルを向上させられるかはわかりませんが、体系的に学びつつも実践でスキルを上げられるようにしていきたいと思っています。

そのすべての知識、情報を当ブログにて発信していく予定ですので皆様も一緒に学んでいきましょう。では2019年もインベスターH こと、ひーちゃんの投資ブログをよろしくお願いします!


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link