インベスターHこと、ひーちゃんです。

皆様は、Amazon GO というのをご存知ですか。Amazon GO はAI(人工知能)を用いており、効率的な快適な買い物をすることができるコンビニを実現しています。

Amazon の本社があるシアトルに1号店をオープンした、レジ無しコンビニも「Amazon GO」です。

快適な買い物をすることができる次世代コンビニ「Amazon GO」が日常生活で当たり前になる未来は近いでしょう。

amazonogog

  Amazon GO の特徴

  Amazon GO が大人気になったのは、サービス品質の高さからくるその「正確さ」と「スムーズさ」の実現に成功したためだと言えます。

様々な企業でも類似サービスとして中国・上海にある無人コンビニ「Well GO」や「百鮮 GO」がありますが、ほとんどの場合、購入商品を正確にセンサリングできていなかったり、操作が難しいセルフレジブースがあったりと不便です。

そのため、なかなか人々の暮らしになじむことはありませんでした。しかし、Amazon Go のサービスは非常にスムーズで正確です。


日本のコンビニでも買い物をするときに最もストレスを感じるのは、会計の時です。特にオフィスエリアにあるコンビニにお昼時に行くと、店内は人であふれており、お茶を一つ買いたいだけでも時間を要してしまいます。

それと比べると、レジ無しのAmazon GO では、ストレスを感じることがないため、非常に快適な買い物をすることが可能です。

画期的なレジ無しコンビニであるAmazon GO は、どのように利用することができるのでしょうか。

  Amazon GO の仕組み

 Amazon GO を利用するにはスマートフォンにて「3つの準備」が必要になります。
    [ 3つの事前準備 ]

    1. AndroidまたはiOS 端末(スマートフォン)
    2. Amazon Go アプリ
    3. Amazon.comのアカウント

そして、Amazon GO のを利用する流れは非常にシンプルで誰にでも利用することが可能です。
  1. お店に入る
  2. 買い物をする
  3. お店を出る
これだけです。たったこれだけお買い物をすることができるような時代になったと思うと少し感動しますね。

 入り口に設置されているゲートを通過する際、Amazon GO アプリに表示されるQR コードをスキャンをしています。

清算に使われるバーチャルカートは、その入店時にスキャンしたQR コード情報に紐付いており、同じQR コードでゲートを通過した客全員で1つのバーチャルカートを共有されています。

買い物は棚の商品を手に取るとバーチャルカートに追加され、戻すとカートから削除される仕組みになっているため、何か特別に意識することはありません。

買い物をしている最中にカートを確認することはできませんが、後でバーチャルカートの内容がまとめて決済され、その記録を見ることはできます。

また、簡単なルールはいくつか存在しており、それは実店舗でも確認することができます。具体的には、「1つのQRコードで何人ゲートを通過させても良い」、「店内での客同士の荷物の受け渡しは厳禁」などというルールが存在します。

Sponsored Link

  人気の理由

 Amazon GO はあくまで「レジ無しコンビニ」であり「無人コンビニ」ではありません。

Amazon GO が目指しているのは「ユーザーに快適な買い物を提供すること」であり、それによって売上が伸びることを期待しています。

人件費を削減するということはあくまで副次的な要素でしかないということなのです。

実際に店内では、商品補充スタッフ、ゲートに立つ監視員そして厨房スタッフなど、多くの従業員が働いています。

 また、購入商品や店舗滞在時間、更にはユーザーが店内で取った行動に至るまで、天井や陳列棚に備え付けられているセンサーで全てのデータを記録しています。

そのデータはAI 等を用いて、ユーザーの行動を分析し、ユーザーにより快適な買い物体験を提供すると共に、購入までのボトルネックを改善し、より多くの商品を購入させる仕組みを構築しようとしているのです。

つまり、Amazon GO が人気なのはレジ無しであるという画期的な仕組みからくるものではなく、Amazon がどこまでもお客様の満足度を高めることに追求したサービスを提供するためなのです。

Amazon 株は現在下落トレンドとなっておりますが、エントリーポイントが見つかり次第、速攻買い付けを行います。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link