インベスターHこと、ひーちゃんです。

2018年11月時点の、ポートフォリオ紹介をしていきます。

今月では、ハイテク・グロース銘柄を仕込むことができました。しかし、前回のハイテク銘柄を仕込んだ時もそうですが、買い付けタイミングが少し早かった反省しています。

一方でポートフォリオ内のハイテク銘柄保有率を増やすことことができたため、今後に期待したいという想いもあります。

私の得意分野であるIT セクターのポートフォリオ内比率は40%にしたいと思っているので、あともう少しで理想のポートフォリオになりそうです。では詳細について見ていきましょう。

11paoasd

  11月時点のポートフォリオ

 11月は先月に比べ、ハイテク・グロース銘柄を買い増しすることができました。

◆ 関連記事
【米国株】インベスターH ひーちゃんのポートフォリオ(2018年10月度)

11paosdd
 私自身がハイテク・グロース銘柄に特化する理由は簡単で、私自身が一番理解できるセクターだからです。

IT 企業に勤めている以上情報は必ず耳に入ってくることと職業柄、情報収集を毎日1時間程度行うことができます。

通常の情報収集は15分程度で十分ですが、業務内容がIT に関係しているとそれくらいの時間になります。ありがたい話ですね。

投資の神様であるウォーレン・バフェットさんも、自身が理解できないセクターへの投資はしないという投資ポリシーを持っており、私自身もバフェットさんからその考えを参考させて頂いております。

Sponsored Link


  買い増しを行った個別株

 11月に個別株で買い増しを行っているのは以下の2銘柄です。
  • AAPL(Apple)
  • NVDA(Nvidia)

買い増しを行ったことによって、現在のポートフォリオ比率は約30%がハイテク銘柄になっています。

リスクヘッジの観点から、分散投資も行っていますが今年の12月もしくは2019年の1月には出来ればハイテク銘柄保有比率を増やし、40%程度にしたいと考えています。

では、毎月恒例の円グラフ上の銘柄単位の習得単価を見ていきます。


syutokua11
 冒頭でも話しましたが、今回のハイテク・グロース銘柄を仕込んだタイミングは早かったと反省をしています。

前回のハイテク銘柄を仕込んだ時、暴落途中に購入して半年以上保有後やったプラ転しました。プラ転後は利確ポイントに達したため、利確を行っています。

それからちょうど利確した直後に再度暴落があり、エントリーポイントを見極め底値近くで買い付けることができました。そして、再度利確ポイントに達したため利確を行っています。

前回のエントリー同様に、エントリーポイントを見極めることなく、焦る気持ちを上手く抑えられなかったため、「自分ルールの大事さを再認識できるひと月」だったと思います。

引き続き、ハイテク・グロース銘柄の保有率を高めながらもしっかり別セクターの銘柄やETF を活用しながらリスクヘッジを行っていきます。

株式投資で最も大事な「一発退場にならないこと」を意識して米国株式投資を続けていきましょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link