インベスターHこと、ひーちゃんです。

米国株市場の暴落が止まりません。そして、多くの人が今苦しい思いをしているでしょう。

こんな時は感情で動きたくなってしまいますが、こんな時だからこそ感情的にではなく「機械的」に動く必要があります。

いつもは私の自分ルールについて触れてきましたが、マイブームの「投資の神様」ウォーレン・バフェットさんの投資ルールを参考にして考えてみましょう。

uloetousi

  自分ルールとは

 自分ルールというは、自身の経験や「先人たち」の知恵を具体化し、定義した自分専用のルールのことです。

株式投資をする際、自身を客観的に見ることができずになり、感情的な取引や他の人がどうのこうので冷静な取引をできなくなることができます。

特に私を含めた素人が多い個人投資家にはよくあることです。

しかし、そこで感情的な取引を行うと取り返しのつかない損失を出すことになりかねません。一時の感情で動いて人生ゲームオーバーなんてことは絶対に避けたいところですよね。

10

だからこそ、自身をコントロールするために「自分ルール」を設け、冷静な判断をする必要があります。

特に最近のような暴落相場では、冷静に相場を分析することができなければ足元をすくわれ、その後長い間にわたって損失を抱えながら後悔する事になりかねません。

ぜひ自分ルールを定義し、自分を守りましょう。

Sponsored Link

  ウォーレン・バフェットの投資ルール

 バフェットさんの投資ルールは非常にシンプルです。

さらにそれが一般公開されているため、その投資ルールを参考に自身のアレンジを加えて「自分ルール」としている方が多くいます。

私も習っているところが多くありますので、ぜひ皆様も自分ルールを定義する際「投資の神様の投資ルール」を参考にしてみましょう。

[ ウォーレン・バフェット 投資ルール ]

1. 税引き前利益が75百万ドル(1ドル=120円換算で90億円)以上の企業

2. 継続的に利益を生み出している企業

3. 従業員数が少ないかもしくは借金が少なく、ROEが高い企業

4. 有能な経営者がいること

5. 単純な事業

6. 適切な値段

(出典:バフェットの投資原則)

バフェットさんの投資ルールはいつ見ても非常にシンプルで、洗練されています。

投資ルールと聞くと複雑な仕組みや定義などを考えてしまう方が多いようですが、投資ルールはシンプルであればシンプルであるほど運用する自信が楽です。

物事はいつでも本質的にはシンプルであり、それを複雑化しているのは私たち自身の無能さ故です。

それを鑑みると、まずはバフェットさんのような偉人の洗練された投資ルールを参考にしてから自分ルールを考えるのが良いでしょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link