インベスターHこと、ひーちゃんです。

AI 産業の成長し続ける限り、私達の職業は減る一方です。

しかし考え方を変えると、私達はAI に仕事を奪われているのではなく、分業をしていると言えないでしょうか。

また、人間がやるべき仕事じゃないことをロボットやAI が変わって仕事をしてくれるというのはむしろいいことではないでしょうか。

ainiyotet

  ロボットやAI の導入

 とあるガラス加工メーカーで稼働する新型の協同ロボットは、人員不足と生産性を上げるために5千万円位で導入しました。

それにより、必要な人員20名が補完され、利益率の向上に繋がりました。ロボットはただ与えられたプログラムに従って作業をしているだけです。

これにAI が加わるとどうなるでしょうか。それは現場で必要としている製造オペレーターの存在も必要がなくなることを意味してします。

7aad177f7e5128b16ce052331e0dacd1

 さらにロボットだけでなく、AI が導入されることにより、今まで以上に人間がしなくて良い仕事が減ることになります。

これは一見AI によって、人間を必要とする仕事がどんどん減るように見えます。

そうなる部分もあるかもしれませんが、AI の導入によってそのAI の管理をする仕事が増えることになります。

必ず何か新しい仕組みを作ろうとするとまた新しい職業ができるのです。

また、経済学の父、英国のアダム・スミスさんは1776年に「国富論」で分業の意義を説きました。1人では1日1本のピンも作れませんが、10人なら4万8千本になります。

スミスさんの時代は人と人の分業でしたが、AI の能力が上がり続けていることを考えると「人とAI」という風を考えるべきでしょう。

AI が人間のやらなくて良い仕事をこなし、人間はさらに別の安全な仕事にシフトしていく、この考え方がこれからの未来の生産性向上と成長の鍵になります。

Sponsored Link


  人の働き方が変わる

 AI が今より活用されることで、済協力開発機構(OECD)のデータでは2030年には32カ国の職業の46%、2億1千万人の仕事がAI やロボットの影響を受けると試算しています。

人手不足の日本では助かる部分もありますが、AI で仕事を補完する分人は今より新しいアイディアや技術を生むことが求められるようになります。会社も社員が創造的な仕事ができるように根本から変わる必要があるでしょう。

例えば、上司から指示で仕事を貰うのではなく、社員全員がフラットな関係であり、自分で考え自分で動くということが1つの方法としてあります。

求人サイト運営を行う株式会社アトラエ「創造性が求められる時代こそ、フラットに全員で考えることが合理的だ」と話します。

silhouettes-pyramid
 人がやらなくて良い仕事というのは、人間が手作業や反復作業で行ってきたものや、危険を伴うものや皆がやりたがらないものが数多く含まれています。

例えば、災害後の瓦礫撤去作業や爆弾処理をロボットが担うようになれば、ケガや死亡事故の心配はなくなります。

また、溶接などの多くの工場では、騒音や熱、オペミスなどによるケガや、さらには肺がんや腎臓障害の原因となる毒性のガスが問題となっています。こうした仕事が自動化され人手を必要としなくなれば、それは従業員の健康が改善できることになります。

AI やロボットの導入はメリットが大きいからこそ、こぞって様々な企業が参入を検討しているのです。

  職業は減ればまた増える

 ロボットやAI が人間のやらなくて良い仕事をする代わりに、私達の仕事が減るように見えますが、そうではありません。

ロボットやAI を活用するには、企画から設計、プログラミング、保守、修理、監視、営業等、様々な工程が必要になるため、必ず新たな種類の技術職と管理職が生まれます。

ロボットは人間の手作業や反復作業を担う存在から、知的な労働や非定型業務を担う存在へと進化しています。

そうなると人間とマシンの知能を組み合われるようになり、仕事の質や性質は更なる高みを目指せるようになります。また、生産性や生活水準が向上し、経済が成長し、新たな産業やビジネス・モデルが生まれるのです。

AI(人工知能)の導入は、人間がさらに豊かになるために必要な工程だと言えるでしょう。積極的に最先端の技術に触れ、幸せになるために突き進みましょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link