インベスターHこと、ひーちゃんです。

前回、Apple の決算について記事にしている中で話しているアナリスト予想について記事にしています。アナリスト予想というのは、あくまで参考情報です。

そのことを理解しないで、アナリストの予想が全て「正」と考えるのは株式投資では危険な考え方です。

参考情報にするにしても、まずはアナリストが予想を行うのか、その目的を知りましょう。そして、その予想をどのように行っていることを知りましょう。それから初めて参考情報としてどれほどの価値があるかを見極めましょう。

amniauerke

  あくまで参考情報

 アナリストが予想して発信している情報はあくまで「参考情報」であり、それは自身の投資判断より優先順位が上にくるのは間違っています。

自分の投資判断は、合っている・間違っているにせよ、精度は分析をするたびに上がり、間違っていても常に軌道修正をして精度が向上していきます。また、アナリストより分野によっては特化した分析ができる可能性もあります。

アナリスト予想は、私達個人投資家と目的が全く異なります。

私達個人投資家は、あくまで「儲け」を追求しており、アナリストは「顧客囲い込み」が目的です。

その目的の違いが、株式投資をする上でどのように影響するかは言わずと知れたことでしょう。

Sponsored Link

  アナリスト予想の半分は当っている

 アナリスト予想というのは半分当たっています。相場は上がるか下がるかその2つしか存在しない時点で、確率的にはアナリストの予想は50:50 の確立で当たっていることになります。

そして、予想が当たったアナリストの話をクローズアップすれば、「予想が当たるアナリスト」の誕生です。

しかし、アナリスト予想が当たっているのであれば、そのアナリスト達が莫大な資産を築いているのではないでしょうか。

では、現実はどうしょうか。

64db8322-s

「ドル」はまだ消えてませんよ。

 ほとんどのアナリストはどこかしらの企業に属しており、通勤で満員電車に揺らされているのではないでしょうか。

仮に予想が当たりまくっているならば、そのアナリストはまずは自身の資産を築き、企業勤めをやめると思います。

そして、莫大な資産を築いた後に雑誌やネットの無料情報発信でなく、有料のメルマガや書籍等で情報発信を行い、その予想ノウハウをビジネスにするのではないでしょうか。

少なくても私だったらそうすると思います。

  アナリストもタダの人間

 逆説的に極論を言ってしまえば、雑誌やネットに転がっているアナリスト予想というのは、当たらないアナリストの予想ということになります。

良い大学を出て、物凄く勉強をされて、物凄い量の資料を読んだとしても失礼かもしれませんが「人間」です。

主観的に物事を見ることはありますし、ミスもします。

もちろん私達一般の個人投資家より精度が高い予想をすることはできるかもしれませんが、個人投資家の私達がそれを真に受けて予想が外れた時、アナリストのせいにはできません。

アナリスト予想が外れて、「ちぇっ、私の投資判断が正しかったじゃん!」と売り急いだ投資判断は、自分が招いたものであり、自分が出した損失です。

常に当ブログを通して発信していますが、「株式投資は自己責任」であることを忘れないようにしましょう。

▼米国株式投資を始めるならSBI証券▼
 無料の新規口座開設は こちら から



↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆

Sponsored Link


証券アナリストのための企業分析(第4版)
3種類の会計基準(「日本基準」「米国基準」「IFRS」)に全面的に対応した、証券アナリストの基本である「財務・証券分析」を学ぶための入門テキスト。企業分析・財務分析・業界分析を一体で理解できる。