インベスターHこと、ひーちゃんです。

先日から荒れている米国株市場で、ハイテクグロース銘柄を補充しました。難平買いも含め、各銘柄の保有数を少し高めることができました。

楽観して、フルポジを取ろうとも考えましたが、今後市場がどうなるかは神のみが知ることなので、リスクヘッジの意味も込めていつもと同様にある程度キャッシュを残すことにしました。

この荒れている米国株市場の中でも戦い続ける選択をしているのには理由があります。それは個人投資家がプロの投資家を上回るパフォーマンスを出せる絶好の場だからです。

kojinn

  プロは有利な立場にいる

 債券の利回りが上昇するから株式市場に悪影響が出る、労働市場が底堅いから株式市場は好調だとか、私たち一般人の個人投資家でもファンダメンタル分析や、チャートを見てテクニカル分析でいくらでもわかります。

このような数字をを使って分析した結果をもとにしている投資スタイルは、ウォール街と短期投機家が行う傾向が多いです。私たちも同じようにある程度自分で勉強をして、指標や経済的な考え方を研究し、そしてグラフを作成してチャートを分析することもできます。


しかし、本当に本業と兼務する形で投資をしている個人投資家の私達が、ウォール街のプロの投資家達と同じ土俵に立って戦えるのでしょうか。さらに言えば出し抜くことができるのでしょうか。


 ウォール街のプロの投資家達は、エリート大学出身のスーパーエリート集団で、そのエリート達がインサイダー情報を探し、超高性能のコンピュータでAIも用いられた自動化されたシステムを駆使しています。


そんな彼らを相手にして戦うのは、果たして有利なことなのでしょうか。


有利どころか、圧倒的に不利で1bit も彼らに敵うところはないんじゃないかと思いませんか。


  プロの土俵

 指標を分析してあれこれ解析し、株式市場の値動きから、投資判断することに関しては相手の土俵」であり敵うところはないでしょう。 

これはスポーツのプロと素人でも同じことが言えます。

no title

総合格闘技でパンチの仕方もわからないような素人が、百戦錬磨の格闘家に立ち向かって勝てるでしょうか。少し走り込んだくらいで自信をつけた素人が、プロのランナーと競争して勝てるでしょうか。

はっきり言いますが、プロと素人の力量は圧倒的な差があり、それはスポーツの世界や投資の世界でもそれがひっくり返ることはありません。

  正攻法で挑まない

 どんな世界でもプロと素人の差は凄まじいまでの差があることはわかっています。しかしなぜ、スポーツの世界では挑むことはしないのに投資の分野だけ、素人がプロに挑むのでしょうか。

それは投資の世界では正攻法以外の手段が使えるためです。つまりプロらには使えないが素人の私には使える手段があるためです。言ってしまえばプロを「自分の土俵」に引きづりこむことができるのです。

その土俵とは「プロの投資家が死にかけているとき」です。

Sponsored Link


  狙うは荒れた市場

 プロの投資家達は、投資に必要な情報力、組織力、分析力、資金力、その全てを持っていますが、それでもプロが死にかけているときが存在します。


それは、市場が荒れ狂って株価が想定を超える暴落を見せ、すべての指標が悪化し、投資家心理が絶望そのものになっている時です。


2000年からITバブル崩壊、同時多発テロ、2008年のリーマンショック等、想定外な市場というのは必ずやってきます。こうした予期せぬ大暴落やプロの想定を超える大暴落がやってきたとき、プロは自身の資産で投資をしているわけではないので、資産価値暴落を避けて早めに引き上げます。その際に手持ちの優良企業を安値で市場にリリースしてしまうです。


Argent-finance-courbe-iSt5516576©DR

 この死にかけているプロの投資家達が、優良企業の株式をリリースすることにによって、私たちは優良企業の株式を通常の相場では考えられないくらいの安値で買うことができるようになるのです。


わざわざ自分から、プロの投資家と同じ土俵に上がる必要はありません。挑む必要もありません。頭脳も資金もない私達は、弱っているプロがリリースした美味しい株式を拾っていけばいいのです


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link