インベスターHこと、ひーちゃんです。

昨日、ハイテクセクターの銘柄が大きく下がりました。今月初頭にハイテク銘柄を保有してからプラスで推移していましたが、遂に暴落の時がやってきました。

私の自分ルールではハイテクセクターが大きく下がった場合には、剣が刺さるまで抜いてはいけないというルールを設けていますが、今回の下げ率を考えてNVDAのみを難平買いをすることにしました。

難平買いを悪い者扱いしているひとらが多くいますが、根拠のある難平買いは損失を緩和し、プラ転時の利益を加速させる効果があります。

nvdwokaima

  下がったら売り、上がったら買う

 株式投資をシンプルに考え、1番効率良く儲けるにら、株価が下がったら上がる直前を買い、上がったら下がる直前で売るというのが極論です。

これが複雑な話になっていくのは、そこに今までの株価の傾向やテクニカル分析やファンダメンタル分析をした投資家心理などが入ってくるためです。

それを予測することができないと割り切るならば、株価が下がったら売り、上がったら買うというのが株式投資であると言えます。

  下がったら買い、上がったら売る

 しかし、一方で順張りの投資は大きなリターンを得ることはできません。

そうなると、下がったら売り、上がったら買うのではなく、リスクを取り「下がったら買い、上がったら売る」ということをする必要があります。

それができる投資家は自身の資産を大きく増やすことができ、長期的に見ても利益の最大化に繋がります。結果的に市場に対しての恐怖感も無くなります。リスクを取っている以上、損失を出すことはあるかもしれませんが、株式投資には配当があります。

利益を出すのと損失を出すのが50:50です。しかし、それは上がる下がるだけの話を考慮している場合です。

これに上がる+配当、下がる+配当と考えるならば、利益を出すのと損失を出すのは50:50であると言えません。


これは株式投資をやるべき理由の一つであり、投資家が福利による利益の最大化させられる理由の一つでもあります。

Sponsored Link

  怯まずにNVDA を買う訳

 私自身が怯まずにNVDA を淡々と買う理由は2つあります。

1つは、AI /ディープラーニングの活用実例が増えてきたという点です。

ディープラーニングの学習については、GPU はCPU の10 倍、場合によっては100 倍もの速度で計算が完了します。強いて言えば、ディープラーニングの計算はGPUにむいているタスクです。

AI の活用は今まで何度も期待されてきましたが、今年の成果は今まで明らかに違います。

実際に活用法を模索するなどという話ではなく、活用をしているかつそれによって人間が職業を失うという事態にまでになっているのです。

有名な話でいえば、米証券会社大手ゴールドマン・サックスには500名のトレーダーが在籍していましたが、AIトレードの普及で今ではたった3名になっています。

20180808-thumb-720x593
2つ目は、esports の普及によるGPU 需要の増加です。

NVDA は2Q決算では、セグメント別収益で見た際、約78.6% 増のデータセンター事業の次に、約47.7% 増でゲーム事業の収益が目立っています。

これはゲーム用途で利用されているNVDA の半導体がアナリスト予想を大きく上回っていることを示します。

AI 活用が今後さらに増えることと、esports によるGPU 需要増加という2つの理由から、GPU の売上高増加に期待し、今年いっぱいは保有を続けられればと思っています。

  ハイテクセクターの終焉?

 最近、「ハイテクセクターの終焉」や「ハイテクはオワコン」だとか聞くようになりました。

確かに現時点では株価が全体的に下がっており、調整局面になっているかもしれません。

しかし、それは短期的に見た話であって長期的に見た時に本当にハイテクセクターの企業が落ちぶれると思いますか。

身の回りを見て、良く考えてみてください。

haru_tenki
 今電車で出勤中に当ブログを読んで下さっている読者の皆様、周りの人はほとんどスマホをいじっていませんか?日本でのAAPL のiphone シェア率は7割以上ということを考えると、ほとんどの人がiphone を触っています。

出社して朝の情報収集中に当ブログを読んで下さっている皆様、今使用しているPC のOS 何でしょうか。また、その端末の販売元はどこでしょうか。

MSFT のWindows OS を入れたデスクトップPC もしくは、最近Let’s Note やThink pad を凌いでビジネスノートPC として利用する人が増えてきたMSFT の2in1 ノートPC、Surface やAAPL のMacbook を利用していませんか。

それらが全て無くなる現実を思い浮かべられる方がいるようでしたら、確かにハイテクセクターの銘柄を全て手放した方が良いかもしれませんが、まだ想像できないならもう少しポジティブに物事を考えられるでしょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link