インベスターHこと、ひーちゃんです。

突然質問ですが、株式取引とギャンブルの違いって明確に説明できますか。

日本はギャンブルをすることが好きな国として知られていますが、ギャンブルについてまじめに考えている人は少なく、実際にパチンコやスロットなどをしている人の多くは暇つぶしの手段と考えているようです。

しかし、中でもお金を稼ぐ手段として考えている人もいるようですが、その場合は疎かな選択であることを知りましょう。

株式投資とギャンブル

  ギャンブルの還元率

 そもそもギャンブルというのは、参加者の掛け金を1か所に集めて何かのゲームで勝敗を決めて、敗者には1円も渡さず、勝者にはかけたお金以上の額を返すという仕組みになっています。

しかし、掛け金が勝者に全額返されるということではありません。競馬ではJRAが、宝くじでは地方自治体が、各ギャンブルの主催者が集めたお金から自分の「取り分」を引いています。この主催者の取り分というのは額がかなりのものです。以下の表をご覧ください。

image
年末年始の一大イベントにもなっている宝くじの還元率は50%以下で、実は競馬・競輪やパチスロのほうが還元率はかなり高いです。宝くじをするくらいなら趣味や娯楽にもなっているパチスロなどのほうがマシです。

この還元率の低さを知ったうえでも、続ける選択を取る人はいないでしょう。

Sponsored Link


  株式投資の還元率

 株式取引にもパチスロなどのギャンブルと一緒で、主催者が存在します。

それは証券会社です。そして、主催者の取り分にあたるのは証券会社の取引手数料となります。

証券会社の一般的な取引手数料は1%以下となっており、手数料無料という証券会社もたくさんあります。さらに、各証券会社は手数料のプランも様々準備しており、自身の投資額や投資スタイルに合わせて選択をすることで0.1%に抑えることも可能になっております。

手数料もギャンブルと比べ物にならないだけでなく還元率も全くの別物です。株式投資の還元率の算出方法は色々ありますが、平均還元率は99%以上です!


株式投資には、他のギャンブルと「法律面の違い」もあります。それは「高校生でも株式取引は行ってよい」という点です。この点については以前記事にしていますので是非ご覧ください。

◆ 関連記事
初めての株式投資!必要なものとは!?実はたった5つだけなんです。

  株式投資は最高のゲーム

 株式投資には値段が「下がる」ということがあっても、倒産でもしない限り投じた資金がゼロになるということもありません。これも他のギャンブルとの違いで、他のギャンブルは簡単に何十万ものお金が一瞬でゼロになります。

株式投資では値段が下がりかけたら損切を行うことで大損失を回避することもできますし、それで損失を出したとしても残りの資金で新しく投資を行い、損失を取り返すこともできます。


競馬やパチンコでは、勝負に負けた人間の資金がそのまま勝った人間の取り分になるため、敗者がいなければ勝者の取り分はありません。

このような仕組みを「ゼロサム」と呼び「成長0の世界」とも表現されています。

株式投資では投資対象の会社が全て儲かり、株価が上がり続ければ全員が勝者という展開もあります。

もちろん逆の全員敗者という展開も十分にあり得ますが、それは投資をしている以上リターンを求めれば、リスクも許容せざるを得ないという基本的な話です。


 色々話をしてきましたが、総合して株式投資は賢い選択と言えます。

仮にリスクを取る選択を全てギャンブルと定義されるとしても、株式投資は「一番勝てる可能性の高いギャンブル」です。

パチンコやスロットなどのギャンブルは還元率が低く、リスクだけが高い恐怖のゲームです。それと比べ、還元率は99%以上、かつ全員勝者になるという展開も存在する「株式投資」を最高のゲームと呼ばずして何と呼ぶのでしょう。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link



元パチプロに学ぶ投資術〜セミリタイアへの道〜 ギャンブル投資術シリーズ
元パチプロをしていた著者がパチスロで実際に稼いでいた方法と投資に関する話題を中心の内容になっています。