インベスターHこと、ひーちゃんです。

世間では、投資や投資信託のイメージが悪いようです。

投資をすることで金融リテラシーが向上し、ビジネスマンとしてのスキルも必然的に向上し、さらには自身の働き方にも良い変化が出てきます。

自身が働いている意味を考えるようになり、無駄なことを省くことで会社へのメリットを考えられるようになります。そうなると自信が生まれ、さらにビジネスマンとして、成長するようになります。

にも関わらず日本ではなぜこんなにも投資信託などの投資へのイメージが悪いのでしょうか。

22ea05fa361daf27d83e0f6bc65458e4_s

  投資信託もイメージが悪い

 なぜアメリカに比べて日本では投資信託が普及していないのか。

それは、日本で投資信託を購入した後の満足度が低い ためです。日本で投資信託を購入した約80%の人が証券会社、銀行の店頭で購入していると言われています。

投資家本人が自身の考えなどに基づいて、商品を選択しているわけではなく、証券マンのセールストークで購入をしているケースが多いのです。

金融庁のレポートでも、金融機関の販売手数料等の収入面に過度に偏った業績目標・業績評価体系や、販売商品の偏り、営業員の短期ローテーションなどを指摘されてきました。

これでは日本での投資信託のイメージも悪くなるのもわかりますが、それはそれだけではありません。

Sponsored Link

  投資の世界ではすべてが自己責任

 株式投資などの基本ですが「投資の世界は全てが自己責任」です。もっと言えば、「人生は自己責任」なのです。
20170831085241
証券マンに勧められた、友人に勧められた、雑誌で勧めていた、ブログで勧めていたとしても、最後には自身で購入するという選択をしています。

この「投資の世界ではすべてが自己責人」だということが理解できてないから、損失が出た時などに「証券マンのセールストークのせいで損失を出してしまった」と思うのです。

つまり、投資信託の8割程度の投資家本人自らが商品にメリット・デメリットを考え、選択し、投資するというプロセスが十分ではないために、満足度が低く、結果的に投資信託のイメージが悪くなっているのです。

このような日本の投資などに対するイメージを変えるには、投資家本人の意識を変える必要があります。

投資家自身がなぜ投資をしている意味を考え、投資そのものに存在するリスク・リターンを理解し、自身の選択によって投資をするというプロセスが大切なのです。

こうすることで、投資家自身が自分の失敗を糧に成長するために、「今度こそは成功しよう」と再度チャレンジするサイクルが生まれてくるのではないでしょうか。

↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link