インベスターHこと、ひーちゃんです。

昨日、ユーザーや様々業界、企業らが期待を寄せていたApple 新製品発表会が行われました。

そんな中、新製品発表会で素直に期待できない業界もありました。

それが通信業界、つまり通信事業者です。今回の新しいiPhone には通常のSIM とは違うeSIM なるものも実装されることになりました。

なぜ通信事業者はこのeSIM に期待できなかったのでしょうか。さっそく理由を見ていきましょう。

main_5db75dd0-9867-4e06-a1b9-3f8a5e82fc0e

  次世代の埋め込み型 eSIM

 皆さんもご存知とは思いますが、SIM、正規名称SIMカード(Subscriber Identity Module Card)には、それぞれ固有のID番号が記録されていて、このカードがないと通常は電話やインターネットが利用できません。

SIMカードがなくても無線LANでインターネットに接続すれば、アプリやLINE電話みたいなIP電話は利用できますが、単体でインターネットに接続できないのは非常に不便です。

pixta_18407590_M

そのため、iPhone やiPad などの端末を持つ際には必ず一緒にSIMカードで通信事業者と契約を結び、インターネット接続を便利にします。

 通信事業者との契約は複雑化されており、現在の契約方法では簡単には解約できません。また仮に解約をしても次の通信事業者と契約を結ぶには、ショップに行って新しいSIMカードを貰うか、ネットで注文をして配達をしてもらう必要があり、手間です。

その上で手に入れたSIMカードを端末に差し替える必要があります。

しかし、eSIM というのは端末側に直接埋め込まれており、差し替えの必要がありません。また差し替えができないため、端末側の設定で事業者を切り替えられるようにする必要があります。

今回のiPhone ではeSIM が実装されましたが、nano SIMとの組み合わせのDSDS対応ですので影響度は低くなりました。

 今後eSIM だけの実装になった場合、通信事業者の複雑な契約形態や、差し替えの手間が無くなり、さらに簡単に事業者を切り替えられるようになります。

長期的にみれば、eSIM の登場で通信事業者の差別化が困難になるということです。

こうなると、消費者はよりお得で低価格な事業に乗り換えようとすることで、通信事業者らは低価格競争をせざるを得ない状況に追い込まれると考えられます。
Sponsored Link

  新製品発表会の結果

 今回の新製品発表で紹介されたのは主にiPhone X の後継モデルと新シリーズのApple Watch の紹介で、特にiPhone X の後継モデルが盛り上がりを見せました。

実際に私も店頭でiPhone X を触ったことがあるのですが、使用感は少し持った感じ少し大きく感じるのと、画面下部のスライドでアプリを切り替えられるのは非常に便利、そしてカメラやディスプレイの画質が最高にきれいということです。

またスペック的にも非常に優れているので動作はさっくさくでした。

今回の新型iPhone XS/Rについても下記の図で書かれているように、かなり速そうです。

Screenshot2018-09-1306.50.19

また、新商品発表会でデフォルトのフォルムは今後もiPhone X に寄せていくのが感じ取れましたね。新型のiPhone もディスプレイサイズは5.8インチですが、淵無しで全面タッチディスプレイのため、iPhone 8 Plusなどの5.5インチiPhoneよりも小型ですが、ディスプレイサイズは大きくなっています。

ということを考えると、iPhone SE、7/8などを使っている人たちからしたら大きくはなりますが、淵無しな分、無駄が少なく感じられると言えます。

私が使用しているのは、iPhone SE なので今回の新製品発表で、iPhone SE2の発売を期待していました。残念ですが次回の発表会に期待します♪

最後に新製品発表会で予測されていたApple 株価の下落はありましたが、わずか1.2%程度です。新製品が店頭に並ぶなどの発売がされて、またいつもの「やっぱりApple って良いよな」という流れがやってくると予想しています。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link


【Amazon.co.jp限定】 IIJmio SIM ウェルカムパック 標準SIM
届いたらすぐに使えるフリーSIMカード! ※データ倍増キャンペーン実施中