インベスターHこと、ひーちゃんです。


ユニクロでは「有明プロジェクト」と呼ばれる改革活動を行っており、プロジェクトを通してユニクロはさらに高みを目指しています。

今回は、ファッション業界の中でも珍しいユニクロがIT技術活用に力を入れているポイントを見ていきましょう。

DSC06045-a416f

  有明プロジェクトとは

 「有明プロジェクト」とはUNIQLOが全社をあげて活動している改革です。

このプロジェクトでは「新しい購買体験の提供」や「お客さまからの要望に応えるための構造改革」、さらには「無駄なものを作らない、運ばない、売らない」ためのマーケティングやサプライチェーンの改革を進めるために存在をしています。

そして、プロジェクトを成功させるのに必要不可欠なのが、AI(人工知能)です。


 ユニクロは2018年内に、過去の売り上げ実績や天候、トレンドなどのビッグデータをAIで解析し、需要を予測して生産に反映するシステムを本格導入する予定です。

これら実際に活用されるようになることで、「無駄なものを作らない、運ばない、売らない」マーケティングが可能となるのです。

Sponsored Link


  チャットショッピングのUNIQLO IQ

 今回話題となっているチャットショッピングのAI(人工知能)を使ったUNIQLO IQ は有明プロジェクトの「無駄なものを作らない」という部分に対して効果的になっています。

店で買うということは、店側で在庫を持つ必要があり、在庫があるということは店舗まで商品を運ぶ必要があります。これには、流通コストや店舗に商品を並べる人件費が少なからずかかっています。

オンライン販売ではこのコストを削減することができます。現代ではスマホの普及のおかげもあって店舗販売以外に、オンライン販売も確実に普及してきていることがわかります。

そこで、顧客自身がテキストや音声による「チャットショッピング」という新しい買い方を普及させることができれば、さらにオンライン販売の可能性を広げることができます。

過去にLineを使用していたのは若年層のみでしたが、現在ではビジネスの場で使用されるくらい普及しています。

 そのため、AI(人工知能)を活用したUNIQLO IQ によるチャットショッピングが許容できる時代になってきていると言えるでしょう。

そのオンライン販売の新しい形を生み出すことによって、さらにUNIQLO の成長は促されることが予測できます。

◆関連記事
⇒ 【9983】ユニクロの公式アプリで「UNIQLO IQ」が始動。AIを活用したチャットショッピングで何ができる。(http://investor-h.work/archives/11821555.html)


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link