インベスターHこと、ひーちゃんです。

米国の放送通信業界の2018年第2四半期の決算が出揃いました。

主要各社の決算をみてみると、目前に迫る次世代モバイル通信規格 5G に向けて、ストリーミングサービスへの対応に追われているようです。

衛星放送や、ケーブルテレビからネット放送へ乗り換え(コードカット)は止まらないのでしょうか。

att-follows-verizon-into-5g-technology-1024x576

  コードカットの脅威

 コードカットとは、衛星放送やCATVからNetflix やHulu などのネット放送への乗り換えのことです。

 このコードカットの流れは近年さらに勢いを増しており、影響は最大手のコムキャストだけにとどまらず、同2位の米チャーター・コミュニケーションズも加入者が7万3000件減少しており、影響が広がっています。

 コムキャストのCEO ブライアン・ロバーツさんは「(ネット放送との)競争から加入者が減少することは予想済み」と強気の姿勢を見せていますが、加入者増の対策案は特に示していません。

 それどころか、ロバーツさんこのように話していました。
 短期的には加入者減に直面するが、オーバー・ザ・トップ(OTT)と呼ばれるインターネット経由の映像配信や、ユーチューブTVのような仮想放送事業者(vMVPD)の普及が進めば、より質の高いブロードバンドサービスが必要になる。

 弊社が所有する米NBCユニバーサルのビジネスも拡大する。長期的には大きなチャンスだ。

 (引用元:米放送業界に激震、5Gで始まる「コードカット」)

 このように、放送事業者もブロードバンド事業者への転身も考えているのではないかと、コードカットの脅威に焦っていることが感じ取れます。

Sponsored Link

  コードカットへの対策

 CATVサービスの「ディレクTV」を運営するAT&T もコムキャストと同様の立場にいますが、加入者が減っているわけではなく、顧客単価の高い「DirecTV(ケーブルTV)」から、単価の安い「DirecTV Now(ネットTV)」へ視聴者が移っているようです。

 そのため、AT&T のエンターテインメント部門の売り上げで見ると、前年比で10億ドル、9%の減少してしまっています。

 しかし、これはコードカットの対策としては抜群だったのではないかと思います。

 いずれCATVや衛星放送は、ブロードバンド放送に飲み込まれてしまいます。

 それに対し、柔軟に行動し売り上げの減少を無視して既存顧客の流出を抑えたAT&T の行動力には拍手喝采をしたいところです。

005

 この背景には、AT&T が5Gへの設備投資を加速させていることによる余裕があるのではないでしょうか。

 先行整備地域12マーケットのうち、4マーケットで年内のサービス開始を予告し、今年の設備投資額は220億ドルに達すると予想されています。

 今後は都市部のモバイル5Gが動きだします。さらに来たる次世代通信5Gの動向から目が離せませんね


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link


図解でわかる!モバイル通信のしくみ
本書では、Wi-Fi(無線LAN)や3G/4G(LTE)/5G、WiMAXなど、各種通信技術の規格やしくみ、セキュリティ、サービスなどについて解説します。