皆様、おはようございます。
スマートスピーカーの近未来感の誘惑に負けたインベスターHこと、ひーちゃんです。

私の家では、様々なスマートデバイスやIot機器を使用しています。

 今回のAmazon プライムデーでもずっと気になっていたスマートスピーカーを買うチャンスかもしれないと思っていました。

 一度そう思ったが最後、ずっとスマートスピーカーのことを考えてしまい、他のことが考えられなくなったのでもう「えいっ」と Echo Dot を購入してしまいました。

綺麗に三連撃を決めましたよ。それはもう綺麗に。。。

 では今朝の記事に続き、Amazon プライムデーキャンペーンな話をしましょう。

1

 近未来な部屋 - スマートデバイスとIot機器 -

 私の家では、様々なものの IoT化 が進んでいます。IT業界にいることもあるので最先端のものに興味があるのか、一般の方より情報が入りやすい環境にいるためなのかはわかりません。

 そのおかげもあって?家の様々なところで近未来を感じれるようになっています。

 例えば、家の鍵をスマートフォンアプリから簡単に開け閉めができる「Qrio Smart Lock」を知っていますか?

Sponsored Link



 私の家では当製品を導入しており、家のドアの開け閉めをスマホで出来るようにしています

 ドアが自動ロックするのはもちろんのこと、何時に操作がされたか、その操作が手動 or スマホからなのか、さらにスマホが誰によって操作されたか、などの様々な情報がスマホに送信されるようになっています。

 お子さんがいる方は、このような機能を元にお子さんが返ってきた時間などがわかるようになったり、そのあとお出かけをしたりしたか、ということもわかるようになります。

さらに、操作する権限を一時的に他の人に譲渡することもできます。

 親戚が遊びに来た時に、カギを操作する権限を渡しておくことによっていちいち出かける際に誰かが家にいなくてはならいという手間を省けます。(友達などに渡すのは危険かと思います。お勧めできません。)

 また、譲渡した鍵には有効期限を定めることができるため、期限が切れると自動で操作できなくなるということも設定可能です。

 本当に便利な機能がたくさんあって、毎日便利な日常を過ごさせていただいています。家出るとき自動ロックだからカギを出しませんし、締め忘れはないところとかはこの製品を考案した方に感謝です。

興味がある方はご覧ください!

[ Qrio Lock & Qrio Hubセット(Qrio Lock拡張デバイス) ]

  51fxmUHyQLL._SL1470_

  セール特価 : ¥ 33,358 ⇒ ¥ 30,023 (レジにて10%割引されます)

  Amazonで確認ボタン

 Alexa のスキルによる機能拡張

 他にも、カーテンが時間になったら自動で開け閉めされる、照明やエアコン、テレビは時間設定して自動でオフにしたり、外出先にてリモートでオンにできたりする機器が導入されていたりします。

 他にもいろいろありますが、IT業界に勤めている私はとにかく最先端な製品に興味があるみたいです。

 今回の Amazon Echo Dot もその一つです。

 Echo Dot は上記で紹介した Qrio Lock とも連携することができ、両手がふさがっているときなど、様々な時に声だけで施錠が可能になります。

 連携をするに必要なものは以下になります。
  • Wi-Fiアクセスポイント
  • スマートフォンあるいはタブレット
  • Qrio Smart Lock Q-SL1
  • Qrio Hub Q-H1
  • Qrioスマートフォンアプリ
  • Amazon Echo(デバイス)
  • Alexaスキル「Qrio Smart Lock」

 Alexaの「スキル」というのは、スマートスピーカーが提供するさまざまな機能のことを指します。どんなスキルがあるかは、Amazonの「Alexaスキルガイド」ページから参照できます。

 標準では、Alexaに天気を聞いたり、電車の乗り換えやキッチンアプリ、Web検索なども声だけでできるようになります。

 このスキルを増やすことで、他にもさまざまなスマート機器と連携でき、照明やテレビなどを声だけで操作できるようになります。

Sponsored Link


 全Echo シリーズに搭載されているAI「 Alexa 」の機能と将来性

 例えば、照明に関してはAlexa認定対応製品というものがあり、その対象製品を購入することで操作が可能になります。

[参考情報]
 ⇒ スマート照明 - Amazon Alexa認定対応製品 -

 テレビやエアコンに関しては、残念ながら単体では操作することができません。

 赤外線リモコンに対応した家電をスマートホーム化するガジェットがあり、そのような製品と連携させる必要があります。イメージしやすいのは昔の「学習リモコン」といったところですかね。

no title

 代表的なものは LinkJpan 社が出している「eRemote」シリーズになります。この eRemotre を使用することで、家にあるすべての赤外線リモコンをスマホで操作できるようになります。

eremote-02

 この製品の面白いところ、タイマー機能があることです。このタイマー機能を使用することで、家電を決められた時刻にONやOFFにできます。

 そして、このタイマー機能は各リモコンのボタンに割り当てることができるため、ONやOFFだけでなく照明の照度や、エアコンの温度なども調整することができるというすごく便利な代物となっています!つまり、声で操作したいボタンを登録することで様々なことができるようになるわけです!

 Amazon Echo シリーズ」と「eRemote シリーズ」をと組み合わせることで家にある赤外線コントローラーで操作できる製品は全て Alexaで操作可能 となります。

 簡単にまとめると、Amazon Echo と eRemote を組み合わせれば、様々なものが家の中では" Alexaを通して声で操作 "することができ、外出中は" スマホで操作 "することができるようになるということです。


1003_Alexa_01


便利過ぎませんか。本当にこれは画期的です。

 現在スキルの種類は1,000以上となっていますが、今後増えていき、Alexaでできることはさらに増えていくでしょう。起動ワードの認識率や、音声だけでアクセスできる範囲が圧倒的に違うだけでなく、拡張性に優れているため、常に進化が期待できるのです。

 日本版のスキルでは1,000以上といいましたが、英語版Alexaでのスキル数は2万以上になっています。

 このことからもスマートフォンやPCに搭載されている、ボイスアシスタントとは全く異なる性質を持っていることがよくわかりますね。

この技術の進化に目が離せないと共に、Alexaの将来に期待するばかりです。

 mig_016 mig_022 mig_030

私達が想像で考えていた部屋には、もう遠くない未来、住めるようになるかもしれません。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link




[めざましカーテン mornin’ plus]
  51stMgf0tPL._SL1500_

  価格 : ¥ 7,538
  Amazonで確認ボタン