皆様、おはようございます。
インベスターHこと、ひーちゃんです。

 皆さんは「NISA」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 実はこれ、株式投資をしたことがない人こそ知っておいたほうが良い制度ということを知っていますか?

 では【初心者向け】シリーズということでわかりやすく解説をしていきます。

csm_3773_main_0bc24fc691

 NISAとは?

 「NISA」とは、ISA(Individual Savings Account:個人貯蓄口座)の先頭に日本(NIPPON)の” N ”を加えた日本版のISAになります。NISA=Nippon Individual Savings Account ということですね。

 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をして、これらを売却した際に得られる利益や受け取った配当に対しては「20.315%」の税金がかかります。

 これは日本株でも米国株でも一緒です。

 NISAでは、その税金をかからなくすることができるのです。20%を0%にできるというのはもの凄い効果です!

 つまり20%もの税金を、NISA口座を用いるだけで 節税 することができるのです!

 そのNISAにはルールがあり、以下の内容が定まっています。

NISAを使用できる対象者
 NISAは口座を開設する年の1月1日において20歳以上の移住者が対象となっております。

非課税の対象
 配当と譲渡益になります。

投資期間と非課税期間
 投資ができる期間も定まっており(延長していますが)、現在では2014年〜2023年の10年の間で「最長5年間」非課税で投資をすることができます。

投資金額
 1年間の投資上限金額も決まっており、上限が120万円となりますので、最大で「600万円(120万円×5年間)」になります。

NISA口座数
 一人につき、1つになります。

確定申告
 非課税のため確定申告も不要になります。

 また、確定拠出年金とNISAは非課税という点では共通しますが、中途換金した資金を引き出せるかどうかで異なります。

 NISAでは一度引き出すと再度その枠を利用することができませんので、注意が必要になります。


 モーニングスター NISA情報【日本版ISA 小額投資非課税制度】

NoName_2018716_1012_00
(引用元:モーニングスター http://www.morningstar.co.jp/nisa/)
 ポイントは「いつでも払出し・売却が可能だが、払出し・売却をした分に対応する非課税投資枠は再利用できない」部分になります。

 この特徴があるため、NISAは長期保有する予定の銘柄買い付けに適していると言えます。

 このNISAという制度を利用すれば、本来「課税対象」になる分が、そのまま利益になります!これは利用するしかないでしょう!

Sponsored Link


 ジュニアNISAとは?

 「ジュニアNISA」とは、その名称通り「子供の将来に向けた資産運用」を目的に、20歳以上が利用できるNISAの仕組みを未成年(0〜19歳)に適用できるように2016年に作られた制度です。

 非課税枠はNISAと比べ少ないですが80万円もの資産を非課税で運用できます!これは子供と一緒にお金のことを考える機会にもなりますので、親御さんもお子さんにとってもうれしい制度になります。

 ジュニアNISAにもルールがあり、NISAとの微妙な違いもあるため見ていきましょう。

NISAを使用できる対象者

 0〜19歳の未成年者が対象です。

非課税の対象
 配当と譲渡益になります。

投資期間と非課税期間
 投資ができる期間も定まっており(延長していますが)、現在では2014年〜2023年の10年の間で「最長5年間」非課税で投資をすることができます。

投資金額
 1年間の投資上限金額も決まっており、上限が80万円となりますので、最大で「400万円(80万円×5年間)」になります。

NISA口座数
 一人につき、1つになります。

確定申告
 非課税のため確定申告も不要になります。

注意点
 NISAとの一番の違いは、払い出し制限があることです。NISAには制限はありませんが、ジュニアNISAには「18歳」まで払い出し制限が存在します。
 ジュニアNISAは、親御さんが子供のために資産形成をする用途でも使われますし、20歳未満の方自身が株式投資をしたい場合にも使用できる制度になります。株式投資は、以前の記事でも紹介した通り、0歳を含める未成年(0〜19歳)の方でも口座開設が可能です。
 
[関連記事]
【初心者向け】初めての米国株式投資に必要なのは、たった” 5つ ”

 ただし、親御さんの同意書が必要になります。その際に日本の文化的なところもあり、同意書に印がもらえないかもしれません。

 親御さんなどの大人でも、株式投資を「ギャンブル」と思っている方が多いのは事実です。「自分は株式投資をしたい!でもお父さん、お母さんがダメって…」という方にピッタリの説明の仕方を教えます。

 まず、株式投資とは「企業の応援」です。そしてお金は「未来の可能性」、運用は「将来の設計です。このことは、かの有名な「インベスターH 」「インベスター Z」でも説明されています。実際に見てみましょう。

NISAで投資のススメ インベスターZ

1f9d8ae1-9ea0-4316-9e39-ba8ac70e3978
(引用元: http://www.jsda.or.jp/nisa/investor/ - みんなにいいさ!NISAがいいさ - )
 このように言葉を言い換えることができれば親御さんもきっと、「わかった。一緒に将来のための資産運用をしていき、未来の可能性を広げよう!」と乗り気になること間違いなしです。

Sponsored Link


 まとめ

 今回紹介したNISA口座やジュニアNISA口座を活用することができれば、利益を効率よく出すことができるようになります。

 そして、その利益を再投資することで、資産が加速度的に増えるようになっていきます。これは「福利効果」と呼ばれます。

 「複利効果」については、かの有名な科学者アルベルト・アインシュタインさんの「複利は人類史上最大の発見」と大絶賛しており、株式投資の神であるウォーレン・バフェット様もこの福利効果によって成功を手にしています。

ぜひ、NISAを活用し、最高の投資ライフを満喫していきましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link



いちばんやさしいNISA入門 (TJMOOK)

61ErHEdT+RL._SX344_BO1,204,203,200_