皆様、こんにちは。
おじさんの仮面を脱いだインベスターHこと、ひーちゃんです。

アイコンを変更したことによって少し話しやすくなったのか、交流が増えて良かったと思いました。

また、自己紹介記事も清書しましたので、ぜひご覧ください。このブログでやっていきたいことをたくさん記載しています。
はじめまして、インベスターHこと「ひーちゃん」です!


 本日の記事は2018年7月現時点の、ポートフォリオ紹介をしていきます。

no title


 2018年7月度時点のポートフォリオ

 では、さっそく見ていきましょう。

 まずは、買い付け銘柄と取得単価を表にしたものから見ていきましょう。

図4
 実は2017年では完全に分散投資をしていたのですが、今年は少し投資手法を変え、S&P500 ETFを土台に期待できると思った銘柄を上に乗せていくように選定しています。

 今後の記事では私の選定している銘柄についての話をしていく予定です。以前にインテルの話はしていますので、ご覧ください。
CPUの脆弱性は見つかるが、それでも「インテル株」は買い。

 私自身がIT企業に勤めていることもあるので、本当はハイテクセクターを中心に保有していたのですが、実は 嬉しいことに今年の初めにハイテクセクターのほとんどが利確できたので、現在は「インテル」しか保有していません。

 上記表から時価総額を計算し、割合ごとに円グラフで表したものが以下になります(投資資金は、周りの大物ブロガー様たちと比べると「雀の涙」ほどなので、本当に恥ずかしくて出せません。。。でも、いつか出します。)
 
図3
 約20%のS&P500の土台に対し、各セクターの保有したい銘柄が乗っているような感じになります。インテルは先日の脆弱性の話がありましたので、利確して手放していたのですが再度買い付けを行いました。

 JNJ は投資を始めたころから保有しており、利確をしようと思ったのですがかなり安定していることと、セクター・ローテーションが始まっている現段階で手放すのは少し惜しいと考えています。

Sponsored Link



セクター・ローテーション

 景気のサイクルと同期してセクターごとに株価が上下するという考え方があり、それによる影響と考えることもできます。現在は、ハイテク株などの景気が強い際に買われていたセクターから、工業株、エネルギー株、素材株などへ投資家の買い付けが移っている可能性が考えられます。

 このセクター・ローテーションがなかなか厄介で、今まで企業の評価だけで上がっていた株価が、企業の評価だけではなかなか上がらなくなってくるという現象が起き始めます。そのため、次の工業系のセクターへ移行をしようと思って、MMM を買い付けました。

 他にも、Tや、WFCPG なども保有しているのですが、ここらは含み損です。配当をもらっていることもあるので私の自分ルールにある「損切ポイント」には達していませんが、それでも損は損です。

 投資を始めてからは目標としていた、年利回り7%を達成することはできたためマイナスを含んでもプラス側に傾いているのですが、ポートフォリオの中に「−」の文字列が見えるのはあまり気持ち良くありませんね。

 私はセクターを「Information Technology, Telecommunication, Financials, Industrials, Healthcare, Consumer Discretionary, Consumer Staples, Energy, Utilities, Materials」の10種類に分けて考えています。

 今年の残り半年ではさらに工業系や、一般消費系のセクターを拡充させていこうと考えています。(ハイテクセクターは個人的に好きなので、また買いに走ると思いますが)

 2017年度の旧ポートフォリオも紹介

 以前に公開していたポートフォリオですが、見ていきましょう。 
 図6
 取得単価だけを見ると、なかなか利確でもうけたのではないかと思われるかもしれませんが、全部天辺で利確できたわけではありませんので、そこそこです。

 それこそ、「頭と尻尾はくれてやれ」ですね。意味が通じなかった方はこちらの記事をどうぞ。
自分ルールになり得る株式投資の格言集!落ちてくる剣は掴むな。地面に刺さってから抜け。


 また、当時 GE株は200株に満たないくらい数量を保有しておりました。そして、株式投資の神である、ウォーレン・バフェット様がポートフォリオからGEを切ったというニュースで急落したため、早めに損切り(25.43 ⇒ 23.08)をしています。

 そんなこともあり、実は、私の株式投資はマイナスからのスタートとなっています。
 
 上記の表から時価総額を計算し、円グラフにすると以下のようになりました。

図5
 こうしてみるとかなり分散投資をしていますね。ハイテクセクターに特化した部分はありますが、これでも分散投資に部類されているかと思います。

 投資資金が大きい場合は、リスクヘッジになるともに利回りが安定する特徴がありますが、現在の私の投資資金で考えるともう少し集中投資をすべきだと感じています。

 リスクを取りながら、日々チャートやニュースで分析していき、しっかり資産運用をすることが今の私に必要なスキルだと思っています。

 これからさらに精進し、投資スキルの向上とブログ記事の質の向上に努めますので、引き続きよろしくお願い致します。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


↑ ぜひ宜しければ応援お願いします☆
Sponsored Link