皆様、おはようございます。
インベスターHこと、ひーちゃんです。

 皆さんは「M&A」をご存知でしょうか。聞いたことはあるかと思いますが、その仕組みについてきちんと理解していきましょう!

m_a_talent_183547766-900x600

 持ち株比率と株主の権利について

 株主は持っている株数に応じて、その会社に対する様々な権利を与えられます。もちろん、たくさん持っていれば持っているほど、その権利は大きくなっていきます。下記のように発行株式数の取得割合ごとの権利を見ていきましょう。

1% 以上
 会社の株主総会で「議案提出権」が認められます。
 
3% 以上
 会社の「帳簿を閲覧」することができます。「帳簿」とは、会社のほとんど全ての経理関係資料を指しますので、日ごろどのような経営がなされているか一目瞭然になります。
 他にも「株主総会の召集」や、「取締役の解任請求」をすることができます。


34% 以上
 会社の株主総会で提案される議案に対し、「拒否権」を持つことができます。特別決議を単独で阻止することが可能になります。

51% 以上
 会社の「取締役の選任」、「決算の承認」、「株主総会の普通決議」を可能にすることができます。つまり、「経営権」を持つことができるということになります。

 過半数なら一応その会社で一番権力を有する人ですが、特別決議は単独で通せないことから、絶対的権力とは言えません。

67% 以上
 会社内でほとんどの権利を得ます。他の誰も拒否権を持たないので、「新株を発行」したり、「合併や定款の変更」したり、「解散」などと、会社を自由にコントロールすることができます。

100% 以上
 その会社ではいわば神様になります。さらに代表取締役に就任することができれば、全てを自身の意思で決定することが可能です。

 会社を買収しようとする場合は、通常、34%以上、51%以上、67%以上の3つの段階を目指します。

 理由としてはそれぞれの段階を超えるごとに、もてる権利が大きく変わるためです。特に重要なのは「経営権」を握れる51%以上になります。


Sponsored Link


 TOBとは

 株主の権利を手に入れるうえで、「TOB」が必ず理解が必要です。「TOB」とは、「Take Over Bid」の略で日本語に訳すと「公開買付」です。

 株式を上場している企業の株を「51%以上」手に入れようと思った場合、どうしても不特定多数の人々と株の売買交渉をしなければなりません。

 この時、一部の大株主にだけ、こっそり高い値段を提示して株を買い取ったりすることができると不公平になります。

 そんな不公平を生まないために、証券取引表では、会社の経営権取得を目的として大量の株を買い集めようとする場合は、不特定多数の株主に対し、期間・数量・価格を公示し、オープンに買い集めるように定めています。

 TOBを行う場合は、一度買い付けをオープンにしたら、それぞれの株主から証券取引所を通さずに直接株を買うことができます。この場合、買い付け価格は、より多くの株主がTOBに応じてくれるよう、その時点の株価よりも2〜3割高いプレミアムを付けるのが普通です。

したがって、TOBが仕掛けられるとわかった株銘柄は通常、株価が急騰します。

 TOBは株価を大きく左右するので、いったんTOBを宣言したら、安易に中止することは許されません。また、買い付け価格は途中で引き上げることはできても、引き下げることはできません。しかし、TOBに応じた株主が目標とする%にたっしなかった場合は、「TOB不成立」となり、応募された株を買い取らずに帰しても良いことになっています。

 TOBは、会社の経営陣への相談なしに直接株主に呼び掛けて株を取得するができるので、経営陣の意向に反してその企業を買収する手段としてはしばしば用いられます。

これが、「敵対的買収(敵対的TOB)」になります。

ここの詳細は次回の記事にしましょう。
 ⇒ 敵対的TOB(敵対的買収)とは!?

 M&Aとは

 「M&A」とは「Mergers and Acquisitions」の略です。Mergers は合併、Acquisitionsは買収という意味です。

 株を買うということはある会社を部分的に買うということになります。そして、M&Aでは会社を丸ごと買うということになります。ここについても次回の記事にします。(後ほどリンクは張りますw)

 実際にM&Aには様々な手法も存在していますが、TOBなどで株価が急に上昇したり、急に下落したりすることがあります。常にニュースには気を配りながら投資ライフを過ごしましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。m(_ _)m
宜しければぜひ、応援お願いします♪


応援お願いします(*ノωノ)☆
Sponsored Link